根の深い木の感想とあらすじネタバレ

→「根の深い木」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

太宗の三番目の息子で、幼い詩的から父の太宗【役:ベク・ユンシク】が犯す<血の虐殺>を見て育ったため、致命的なコンプレックスとトラウマを持っているイ・ド【役:ソン・ジュンギ】が王位に上がり、世宗(セジョン)【役:ハン・ソクギュは】になります。義父のシム・オン大監の謀反罪に関与する過程で、偶然、トルボクとダミという民を会って、そこでの出来事で民衆を救う王になるための本格的な活動を始めます。

天才的な記憶力でハングルの創製に参加することになるダミは失語症にかかって言葉が出ないが、ソウ【役:シン・セギョン】という名前で訓民正音創製のプロジェクトで重要な役割を担当している、女官組織の中核メンバーです。

幼馴染ソイと同じく奴隷だったが、この世で一番愛する父、ソクサムがイ・ドのせいで死んだと思って、彼に対する恨みと復讐を決心します。 逃亡奴隷の身分で北方に流れ、絶世高段イ・バンジ【役:ウヒョン】と出会い、彼の弟子になって恐ろしい武術を身につけたトルボクはチェユン【役:チャン・ヒョク】という名前で 北方で継続して功を立てます。キム・チョンソの目に入って、彼の命令を遂行するため、宮廷入りした後、宮殿を警備する、兼司僕の職責を得て、世宗(セジョン)になったイ・ドの近くで復讐を狙います。

そしてハングル創製プロジェクトメンバーたちが次々殺される連続殺人が起きます。

感想

2006年に出版されたイ・チョンミョン作家の小説「根深い木」は訓民正音頒布7日前、景福宮の中で行われた疑問の事件を描きます。ドラマ『根深い木』はこの原作小説を脚色して、訓民正音創製を控え、世宗(セジョン)をめぐる歴史と政治、そして個人的なエピソードが本よりもっと具体的に盛り込まれています。
同時に、兼司僕のチェユンが事件解決を行う過程に痛快なアクションも多く追加され、ハングル創製の中心にいる女官ソイの話も興味深く描いていくだけではなく、主人公たちの間の切ない愛の物語もあります。
また、ハングル創製秘密組織とこれを反対する反対派の手に汗に握らせるストーリーなどもスペクタクルに展開されます。

特に、ドラマ『根深い木』は、ブランド品の製作陣と出演陣で放送前から大きな話題を集めました。 ドラマ「大長今」のキム・ヨンヒョン作家と映画「JSA」、「高地戦」のパク・サンヨン作家がドラマ「善徳女王」に続いて、もう一度力を合わせた点だけではなく、ドラマ「銭の戦争」と「風の花園」のチャン・テユPDの意気投合に耳目が集まました。

ともに、ドラマを通じて16年ぶりにブラウン管に復帰した演技者、ハン・ソクギュとドラマ「推奴(チュノ)」と「マイダス」に続いて3連続興行を狙うチャン・ヒョク、そしてドラマ「土地」と「善徳女王」以来、三番目に時代劇に挑戦するシン・セギョンのキャスティングに話題を集めました。ドラマは、世宗が政権を獲得した朝鮮初期の制度と風俗に最大限考証し、事実感があるように描いていきます。これまで朝鮮を背景にした時代劇でみられていなかった様々な衣装や装身具、そして数多くの天文学機構で、ハングルの創製に必要した多くの活字機関、楽器だけでなく、神機箭をはじめとする兵器も公開されます。これは出来るだけ実際のものと同じようにしたものの、現代的な洗練さを加えながら<檀君以来最高の時期>である世宗時代を視聴者らに生々しく伝えてくれました。

こちらの作品もオススメです

世宗の時の話を取り上げた時代劇ドラマ『根深い木』が面白かった方らに、世宗のトラウマが生じた理由の父親の太宗の話と朝鮮建国の話を盛り込んだドラマで、『根深い木』以降4年ぶりにキム・ヨンヒョン、パクサンヨン作家が再び団結して準備したドラマ『六龍が飛ぶ(ユクリョンがナルシャ)』を紹介します。しかも『根深い木』でソイ役を務めたシン・セギョンが引き続き選ばれ、李芳遠(イ・バンウォン、朝鮮3大王の太宗)【役:ユ・アイン】の情人ブニ役を演じます。

『六龍が飛ぶ』で六龍は朝鮮建国の主要な登場人物とし、鄭道伝(チョン・ドジョン)【役:キム・ミョンミン】、李芳遠、李成桂(イ・ソンギェ、朝鮮1代王の太祖)【役:チョン・ホジン】方が、イバンジ(タンセ)【役:ビョン・ヨハン】、ムヒュル【役:ユン・ギュンサン】、ブニを称しています。

このドラマは高麗末から、朝鮮建国、そして朝鮮が定着される時期までを描いた作品で、李芳遠の一生を扱って彼の成長と覚醒に焦点を合わせた一代記です。 計50部作でかなり長く描き出しているが、時代劇で頭角を現してきたユ・アインから丈夫な演技経歴を持った中堅俳優たちまで安定的な演技と武侠アクションに重点を置いたドラマでビョン・ヨハンとユン・ギュンサンが見せてくれるレベルの高いアクション・シーンでドラマに没頭させます。

特にムヒュルとイバンジは『根深い木』にも出ている人物であるため、実存人物と思われがちだが、作家の想像力で誕生した人物だと明らかにしました。両作品での人物を比べながら見るともっと楽しさを感じることができます。 

→「根の深い木」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です