お嬢さまをお願い!の感想とあらすじネタバレ

→「お嬢さまをお願い!」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

カンサングループの跡取り娘カン・ヘナと、多額の借金を返済するために執事となってヘナに近付くソ・ドンチャンの紆余曲折する恋の行方を描いたラブコメディです。

財閥の令嬢カン・ヘナ(ユン・ウネ)は、気に入らなければ使用人を次々と辞めさせる、周囲が手を付けられないほどの我がままな性格。祖父のカン会長(イ・ジョンギル)は、そんなヘナを跡取りとして、どう更生させ育てていくのかに頭を悩ませます。そして、ヘナの親族カン理事長は自身が後継者になるために、ヘナの失脚を願っているのでした。

かつてホストをしていたソ・ドンチャン(ユン・サンヒョン)は、現在は幼馴染のウィジュ(ムン・チェウォン)とその母の経営する花屋でアルバイトをしながら、多額の借金の返済をしています。ある日、ヘナはカン会長に無理矢理にお見合いさせられたことで腹を立て粗暴な運転をしたために、配達中のドンチャンと接触事故を起こします。顧問弁護士を通じ示談で収めようとしますが、ドンチャンを罵倒したことで警察より罰金と社会奉仕を命じられます。

今まで自由に生きてきたヘナにとって、社会奉仕が苦痛でたまらず、「こうなったのはアイツのせいだ!」とドンチャンに執拗な嫌がらせを繰り返し、ついにはドンチャンの家を取り壊そうとします。激怒したドンチャンはヘナの屋敷に乗り込み、その身分を知らずにカン会長と会い、ヘナに対しての文句を重ね、「俺ならあんな奴直ぐに更生させてやる」と言い放ちます。

すると、ドンチャンは孫娘を心配したカン会長からカン家の執事となりヘナの奔放なライフスタイルを更生させてほしいと頼まれてしまうのでした。突然、執事として現れたドンチャンに憤慨したヘナは、ドンチャンを追い出すために様々な妨害を繰り返すも、ドンチャンは何とかピンチを切り抜けていきます。

一方、ヘナは六年前の初恋を忘れられず、恋愛やお見合いに前向きになれずにいます。そんな時、乗馬クラブで見かけた初恋の人に似た容姿の弁護士イ・テユン(チョン・イル)に一目惚れをし、涙を流します。そして、次の見合い相手にテユンが現れヘナは驚きますが、テユン自身は不本意なお見合いだったことから話は流れます。

その後、ヘナはパーティー会場の駐車場でドンチャンの仕組んだ暴漢に襲われそうになったところをテユンに助けられたり、テユンがヘナが起こした暴行事件の弁護士となるなど、お互いを知る機会に恵まれ、急接近します。テユンが好きだというヘナにカン会長は激怒しますが「会社に出勤すること」を交換条件に交際を認めます。

当初、ヘナに取り入って借金の返済を目論んでいたドンチャンでしたが、次第にヘナの弱さや可愛らしさを目の当たりにし、ヘナのことが好きになっていきます。ドンチャンはヘナから「あなたを信じる」と言われたことで、ヘナを騙すことができず、執事を辞めるのでした。

どんな我がままをも聞いてくれていたドンチャンがいなくなったことで、ヘナは自分にとってドンチャンが大事な存在であることに気付きます。カン会長の計らいにより、再び執事に戻るドンチャンでしたが、刻々と借金返済の期日が迫るばかり。

そして、借金取りがヘナに接触し、ヘナはドンチャンに多額の借金があることを知るのでした。借金取りを警察に突き出したものの、真実を話してくれないドンチャンにやきもきしたヘナは我がまま放題をして、ドンチャンに当たり散らかします。

その後、ドンチャンから真実を聞いたヘナは、ウィジュからドンチャンの借金が母親の治療費だったと教わり、ドンチャンの優しさを知るのでした。

テユンはドンチャンと親しくしているヘナに苛立ちを覚え、結婚に向けて話を進めていくのですが、ヘナがプロポーズをしてもそっけなく、ヘナの気持ちが自分から離れていることを感じ始めます。そんな中、カン理事長の陰謀によってヘナとドンチャンの交際が記事となり、ドンチャンがホストだった過去が明るみに出るのでした。激怒したカン会長にドンチャンとの交際を反対されても、自分の意思を貫き通そうとするヘナ。

しかし、カン会長が病に倒れ、後継者としての責務を感じたヘナはドンチャンとの別れを決めるのですが、カン会長の看病をしながらドンチャンへの想いを募らせるばかりでした。ヘナはドンチャンに手紙を書きますが、思い直してそれをゴミ箱に捨ててしまいます。

その頃、ヘナの誕生日にテユンとウィジュがヘナとドンチャンを会わせる計画を打ち立てますが、その計画以前にヘナとドンチャンは二人の思い出の場所で偶然に再会し一日共に過ごし、別れを告げます。しかし、ヘナがゴミ箱に捨てた手紙を読んだカン会長は、ヘナに「お前の好きにしなさい。後継者の件もソ執事のことも」と言い、ヘナが毛布を取りに行っている間に息を引き取ります。

カン会長の葬儀を終え、ヘナはカン理事長に親戚として会社を頼み、経営は外部の専門家に任せることにします。そして、後継者となる意思を固めたヘナは経営者としてのノウハウを学ぶために渡米しようと空港に向かいます。そこに、ドンチャンが現れ、「俺の許可なく何処へ行くつもりだ。お前がいないと俺は幸せになれない、行くな!」と言って、ヘナを引き止めます。

こうして、執事に戻ったドンチャン。ヘナの我がままに対して文句を言っているドンチャンへヘナがキスをし、ドンチャンはニコッと微笑むのでした。

感想

『お嬢さまをお願い!』は、喧嘩しながらも仲睦まじいヘナとドンチャンの様子を「理想的なカップルの形」と思いながら、楽しく鑑賞することができました。

ヘナは桁違いのセレブ生活を送っていることもあり、我がままで横柄な振る舞いをすることもありますが、お人好しで感傷的な性格もあるなど、弱さや育ちの良さも感じられ、どこか憎めず、放っておけない魅力あるキャラクターです。

それに対して、ドンチャンは母親の医療費などの多額の借金に苦しみ、ホストをして生計を立てるなどあらゆる面で辛苦を舐めて生きてきた苦労人ではあるのですが、生活苦にへこたれずに明るく生きています。二人とも生まれ育った環境が大きく異なるのに、お互いに努力しながら歩み合い、欠けているところを補い合いながら理解や信頼を深め合う関係なんて、なんて素敵なんだろうと思ってしまいました。

また、『お嬢さまをお願い!』で登場する女性陣のファッションは海外の高級ブランドやアメリカのプチプラアイテムを取り入れた個性的なものばかりで、登場人物たちの着こなしに目を見張るばかりでした。特に、ヘナが使用していた赤のヘアカラーリング剤は韓国で完売したほどの人気だったそうで、私もヘナのヘアスタイルを真似したりとファッションやヘアアレンジでとても影響を受け、毎回ワクワクしながらドラマを観ていました。

こちらの作品もオススメです

『お嬢さまをお願い!』でゴージャスでエレガントなカン・ヘナを演じたユン・ウネが、ボーイッシュで爽やか魅力を放つカフェ店員を演じている『コーヒープリンス1号店』。韓国では視聴率30%を超える大ヒットを記録し、日本でも「コーヒープリンス1号店」というリアルカフェができるほどの人気を誇ったラブコメディです。

父と死別し、母と妹を支えながら逞しく生きているコ・ウンチャン(ユン・ウネ)は、家計のために形振り構わず働いていることもあり、服装も髪型も男性と間違えられるほどのボーイッシュな装いをしています。ある日、ウンチャンはひょんなことからドンイン食品の御曹司チェ・ハンギョル(コン・ユ)と出会います。

ハンギョルはウンチャンを男性だと思い込み、祖母や母からお見合いを勧められうんざりしているので、ゲイの恋人役を演じて見合いをぶち壊してほしい、と頼みます。ゲイの恋人役バイトを通して、ハンギョルと親しくなったウンチャンは、ハンギョルが祖母から容姿端麗な男性しか働けないカフェ「コーヒープリンス1号店」のオーナーをしないか、と打診されていることを知ります。

そして、ウンチャンは性別を男性と偽ったまま「コーヒープリンス1号店」で働くことになるのでした。カフェで男性として働くウンチャンに惹かれていく自分に気付き、同性愛者なのではないかと思い悩むハンギョル。そして、ウンチャンもハンギョルに恋心を抱き始めるのですが・・・。

 

→「お嬢さまをお願い!」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です