オーロラ姫の感想とあらすじネタバレ

→「オーロラ姫」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

致命的な魅力の所有者オ・ロラ【役:チョンソミン】大企業一家の一人娘で中年の兄たちが3人もいます。 一人娘で兄たちと年齢が離れてるため、甘やかして育てられました。神様が下したルックスのファン・ママ【役:オ・チャンソクは気難しい性格のすべてが完璧だったが、致命的な短所がありまして、それは未婚のオールドミス姉3人が彼の人生を邪魔してます。しっかりして大胆な性格のオ・ロラは、誰にでも言いたいことを全部言うし、唐突な生活の持ち主です。ロラは、偶然聞いたラジオの声に惚れて、ファン・ママの連絡先を突き止めて、家の周辺をうろうろしてる時、公園から自転車に乗って帰ってきたママを家の前で会います。

二人は一目ぼれしてすぐ交際を始めます。しかしママの姉たちはロラを反対し苦しめます。一方、ロラの父まで交通事故で死亡します。急な事で耐えられなかったロラは別れの言葉もなしでママの前から姿を消します。家運が傾くと、ロラは演技者デビューをしてママが演出するドラマ俳優として二人は再会します。ママはロラが許せないながらも残っている愛に‎気付きます。紆余曲折の末に二人が再び恋愛を始めます。

ロラの兄三人は全部浮気をしていて、義姉さんたちはロラの普段の態度と言い方に腹が立たせていた上に、浮気をした夫たちを知って離婚します。ロラが義姉さんたちにしたようにママの姉たちもロラをいじめます。二人の関係を反対するママの姉たちとロラの兄たちの反対で結局別れます。一方、ソルヒ【役:ソハジュン】はロラのコーディネーターとして働き、足長おじさんの役割をします。

感想

イム・ソンハン作家は決して平凡じゃない内容の展開で彼女のドラマはいつも破格と議論の中心に立っています。不倫や出生の秘密など各種<マッチャン:泥沼>要素が勢揃いしたという指摘とともに、不倫を擁護する登場人物たちの態度と幽体離脱の場面、競争ドラマのあらすじを批判するようなセリフ、宗教的表現の無理な活用が議論を呼んでいます。ここに10人を超える俳優たちが相次いで急に下車したため、視聴者を愚ろうするという指摘まで出てました。 しかしイム・ソンハン作家は気にせずに、ドラマ終盤には<ガン細胞も生命>というセリフと性少数者を卑下する展開で話題を巻き起こしました。

当初計画された120回から30回延長を決定したのに続き、一時、また25回追加延長説がうわさされると、視聴者らが立ち上がって延長反対と作家の退出まで要求するオンライン署名運動まで起こしました。しかし、あいにくにも作品を反対する声が激しくなるほど視聴率も上がりました。

中盤までずっと10~15%の視聴率を記録した作品は連日話題を生み、上昇傾向を見せて、放送終盤には相次いで20%前後の数値を収めました。 特に反対署名運動が頂点に上った時には韓国ギャラップの調査の結果、<韓国人が好きなTVプログラム>2位に上がってドラマが視聴者の<多様性>を見せてくれたという笑えない評価まで出ました。

一方、イム・ソンハン作家はドラマ終演感想文で”客観性を維持しようと努力し、演出部と審議室の意見も受け入れました。特に敏感とされる事案は、企画者の助言を聴きながら最大限に短所を抑えようとしたが、仕方なく逃した部分がありました”と伝えました。

こちらの作品もオススメです

泥沼ドラマのイム・ソンハン作家が引退宣言をしました。 その最後の作品である「アックジョン ベッヤ」を紹介します。演出チームは放送局・芸能局を背景にした明るい雰囲気のドラマで純粋な家族の話だと紹介しましたが、イム・スンハン作家の作品だと事を忘れちゃダメです。主人公のベッヤ【役:パク・ハナ」は兄ベク・ヨンジュン【役:シム・ヒョンタク】が執着に近いくらいに好きです。

小さい頃両親がいなくて、兄が生活面でもお世話な面でも、親のように育ててくれたからです。ヨンジュンは高校だけ卒業して、妹を育てて結婚しました。お兄さんを奪われたという思いで、義姉のキム・ヒョギョン【役:クム・ダンビ】が嫌いです。妊娠して臨月を迎え、お腹が大きくなったにもかかわらず、あれこれいじめます。

ところが、実の母ソ・ウンハ【役:イ・ボヒ】に会って`知らないひとのように生きよう`という彼女の言葉に衝撃を受けたヨンジュンは帰り道で事故に会って死亡します。ベッヤはソウンハが実母という話を聞いて復讐を決心します。ベッヤは再婚したソ・ウンハの継子のジョ・ジア【役:ファン・ジョンソ】のマネージャーとして働きながら、ジョ・ナサン【役:キム・ミンス】に意図的に接近し、結婚をしようと思いますがソ・ウンハは猛反対します。この二人の親子の対立場面がドラマの核心ポイントです。 一方、ベッヤを置いてライバル戦を繰り広げるジョ・ナサンとジャン・ファオム【役:カン・ウンタク】との三角関係も気になります。 イム・ソンハン作家の10作目のドラマであり、引退前最後の作品が気になる方は是非チエックしてください。

 →「オーロラ姫」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です