応答せよ1994の感想とあらすじネタバレ

→「応答せよ1994」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

マサンから上京した、<ソウル双子野球団>のコーチ、ソン・ドンイル、イ・イルファ夫婦はソウルシンチョンで下宿を始めます。1994年、その家に住む青春たちの上京生活を描きます。

娘のナ・ジョン【役:ゴ・アラ】は延世大学バスケットボール選手イ・サンミンの大ファンで専攻授業には入らなくても彼の練習ゲームには必ず出席します。ナジョンの初恋であだ名スレギ(ごみ)【役:チョンウ】は家ではジャージで漫画を見ながらゴロゴロしますが、首席を逃したことのない医学部生です。

ナ・ジョンが死んだ兄の友達で、今は家族みたいな存在です。歴代級老眼で敏感な性格の所有者サムチョンポ最大の鮟鱇網漁船の船主の末息子のあだ名サムチョンポ【役:キム・ソンギュン】、スンチョンの最大バス会社の長男でおしゃれなあだ名ヘテ【役:ソン・ホジュン】、ヨス出身で典型的な引きこもりでソ・テジの大ファンドヒ【役:ジョ・ユンジン】はお母さんは言語障害を持っています。

運命のようにサムチョンポは、ドヒの秘密を知って彼女持っている痛みを慰めてくれます。チュンチョンブッドで一番大きな養鶏場を運営する内向的でいつも笑ってるかわいいた忠清道少年のあだ名ビングレ【役バロ】とピングレの従兄弟で多情多感なソウル青年のあだ名チルボン【役:ユ・ヨンソク】は野球選手としてスレギとともにナジョンの夫の最終候補に残ります。

感想

多様な青春たちはいずれも魅力的で、彼らが暖かい情で絡むシンチョン下宿はユートピア的な共同体みたいです。

とろりとした方言を見事に表現する俳優たちの演技も良かったし当時、田舎青春たちが上京し感じたトキメキと不慣れさも私たちの二十歳そのものでした。応答せよの名物<夫を探>コードがもっと強くなりました。

1994年は大衆歌謡の黄金期でロックにダンスにシンガーソングライターたちまで幅広いジャンルの数々の名曲がドラマの背景音楽に出で、私たちの心を豊かにしてくれました。 ナジョンが好きなバスケット以外にも野球の全盛期でナ・ジョンが父ソン・ドンイルは野球監督だし、ヘテとピングレのニックネームも、実存した<ヘテタイガース>と<ビングレイーグルス>野球団の名で持ってきました。現在は存在しないため、もっとその時代が懐かしく感じます。

「応答せよ1994」で私たちの兄さんは、文化大統領<ソ・テジと子供たち>と<延世大学バスケットボール部>は今のアイドルが羨ましくないくらいのファン層を形成してました。その主人公たちのカメオ出演もドラマをもっと豊かにさせます。
勝手に私たちをその時代に連れて行ってくれる小物のディテールはスタップたちの繊細さを感じます。

こちらの作品もオススメです

応答せよシリーズの3回目の作品「恋のスケッチ~応答せよ1988~」を紹介します。

今回の舞台はソウルオリンピックが再際されたその年、ソウル・サンリムンドン小さい路地という限定的な背景にも関わらず俳優たちの演技力と多彩なストーリーで面白く話を描いていきます。

3兄弟の真ん中で恨めしい状況が多いドクソン【役:ヘり】と兄弟のように近所に住む幼馴染たち、ツンツンしながらも中は優しいジョンファン【役:リュ・ジュンヨル】、無口で純粋で優しい天才囲碁棋士のテク【役:パク・ボゴム】、優等生で優しい人気者ソヌ【役:コ・ギョンピョ】、お金持ちの末っ子でムードメーカードンリョン【役:イ・ドンフィ】5人も幼馴染の成長が見れます。

このドラマは幼なじみで一緒に育た5人の青春期だけが特別なわけでもなく、周りの人の話中心で話をしていて作られた悲しみしみではなく、誰もが経験した事ある家族の話に共感できる叙情的で穏かなドラマで、親世代には懐かしいその時代を思いだすし、私たちは親の青春が見れるその時代がこんなに美しくて、暖かくて、少し不便で足りない時代だったが羨ましく感じます。

今では忘れてる叙情的な歌詞の名曲がその気持ちをもっと引き起こせます。時々コミックな場面で10代から50代まで幅広い共感体が生まれました。
応答せよの名物<夫探し>もドラマの楽しみ方の一つです。 

→「応答せよ1994」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です