応答せよ1997の感想とあらすじネタバレ

→「応答せよ1997」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ある高校同窓会で一組のカップルが結婚発表をします。 招待状の主人公は誰なのか、話は再び過去に戻って1997年、プサンに行きます。父ソン・ドンイル母イ・イルファの娘、H.O.Tが人生の全てな女子高生、ソン・シウォン【役:ジョン・ウンジ】の話から始まります。ソウォンとユン・ユンジェソ【役:ソ・イングク】は幼い頃からお互いを支えてきた幼なじみです。お互いの暗黒期まで知っているが、高校の入学式、眼鏡を外してレンズを始めたシウォンにユンジェはときめきを感じます。これが愛なのか、長くなった友情から来る勘違いか、ユンジェの初恋はこうして始めます。

仲良かった高校時代の友達らが一緒にして学校での思い出や彼らの成長過程を話ししながら、シウォンの夫候補のユン・ユンジェ【役:ソ・イングク】、ト・ハクチャン【役:ウン・ジウォン】、カン・ジュニ【役:ホヤ】、パン・ソンジェ【役:イ・シオン】ユン・テウン【役:ソン・ジョンホ】のなかから、一人ずつ外されます。

一方、H.O.Tが好きすぎて、プサンからソウルまで行く熱狂的娘シウォンのは父に髪の毛を切られれるコミックな内容から同性に愛を感じる話まで未熟だけどいつもパティーしてるような、うるさくワイワイしている思春期の彼たちの成長痛を哲学的に話しています。

感想

1997年の社会現象を描いた、応答せよの最初作品「応答せよ1997年」は放送後熱い注目を浴びました。なぜこんなに人々は熱狂して【ウンチル廃人:応答せよ1997中毒され日常生活が不可能】という新生語まで作られたでしょう。単純に共感できる要素だけ反映して近い過去をその時代の話をドラマで絵がいて懐かしい感性と共感を刺激したのではなく90年代私の物語をドラマにしたと思わさせたからです。

今でも多くの歌手たちにリメークされた時代の曲が元々の歌手の声で楽しめますし、その時その時代に私たちを勝手に連れていきます。一方、K-POPの始まりでアイドルが大人気で、本格的に歌手として認められ始めた時代でもあります。社会現象では話題になった同性愛も重たくないが決して軽くない話で描いてます。

当時H.O.Tとライバルで頂点アイドルグループジェッキ(ジェックスキス)のリーダウン・ジウォンがト・ハクチャン役で出演してますし、同時大人気だったH.O.Tのトニーも直接カメオとしてサプライス登場するなど数多い懐かしい人物、小物でもっと楽しめます。

応答せよの名物旦那探しもドラマが進めながらくれるヒントで一人ずつ外しながら当ててみるのも楽しみです。

こちらの作品もオススメです

生きて行く誰でも思い出はあるはずです。それが良い記憶であれ悪い記憶であれ。しかし、私たちは忙しいという理由で思い出を忘れて暮らしています。

「応答せよ1997」の旋風的な人気に続き、「応答せよ1994」が製作されました。だった3年前の事だしそんなに違うかと思われるかも知りませんが、3年の時間が無視できないと思うくらい全然違う世界になってます。
ソウルシンチョンの下宿に集まった全国の下宿生という前作とはちがう構成が視聴者の目を捕らえました。前編と同じくソン・ドンイルとイ・イルファの夫婦に認知度に比べ、演技力で認められなかったゴ・アラ、悪役を主にしていたウ・ヨンソクは全く違った穏やかなキャラクターを演じます。演技はうまいが、メロ役は弱いチョンウなど意外の組合を遂げられました。

応答せよの名物、夫捜しの進行でナジョンとスレギ、チルボンの三角関係を中心に、残りの人物たちのエピソードを加えていきます。
「応答せよ1994」でも、私たちの思い出を引き上げてくれる装置らもあります。94バスケット大祭りと90年代のドラマ、ピッピ、ウォークマンなど小物やストーリーを絶妙に調和させて、当時に20代で生きてあれ、10代で生きてあれ、その時を過ごしてきた人々に今では絶対再現できない思い出を想起させてくれる「応答せよ1994」是非チェックしてください。 

→「応答せよ1997」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です