パンチ~余命6ヶ月の奇跡の感想とあらすじネタバレ

→「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

頂上に向けて、思いっきり疾走してきた、検事パク・ジョンファン【役:キム・レウォン】は国家が付与した検察権力を私的に利用するのに一寸の呵責もなく、権力者の忠犬になり、喜んでイ・テジュンの手下になります。

次期検事総長を夢見て、法務部長官の地位まで上がろうとした意志を固めていたブルドーザーのようなジョンファンが余命6ヵ月判定を受け、脳腫瘍の後遺症と戦って行きながら、残った人生を振り返ります。目標したことを実現するために、証拠を捏造して事件を作り出し、<不法と不正の温床>だと呼ばれたジョンファンが、人生のピリオドを通じて自分の人生を振り返りを決心し、本格的に話が始まります。

彼が対抗しなければならない相手は海千山千空中戦まで経験した検察の悪の枢軸、2000人あまりの検事を指揮する首長であり、捜査権と起訴権を独占した法の帝王、イ・テジュン【役:チョ・ゼヒョン】です。一冊の本を買うお金もない家で生まれ、ソウル地検長まで上りました。人良い表情をしながらも、自分の意思を防ぐ数十人、検事の服を脱がして歩んできた足跡ごとに不正と不法で点綴されて来たテジュンと心を分けた人はジョンファンが唯一だったため、テジュンは自分を倒そうとするジョンファンをますます許せません。

感想

不法と不正も頓着せず、前だけ見て、前進していたジョンファンを振り向かせ止めたのは余命6ヵ月の判定だけではありません。これを通じてジョンファンの心を、ようやく動かしたのは最後の瞬間、彼のそばを守る愛する人達だったです。

未来のない検査パク・ジョンファンを選択して結婚し、みんなが無視するときにむしろ手を出してくれた元妻シン・ハギョン【役:キム・アジュン】の灯台のような献身と、息子に訪れた病魔に胸をかきむしっている貧しい母親【役:ソン・オクスク】の涙や切ない母情、不法と不正の勢力だが、弟テジュンの守るために目に見える座布団に座るのを自任するイ・テソプ【役:イ・ギヨン】の兄弟愛など、ドラマ「パンチ」には、人間を変化させるのは、結局愛だというメッセージが心打たれるように描かれています。

「パンチ」には男女より濃い男男の<ラブライン>と、男達よりもっと熱かった男女の<義理ライン>が繰り広げられます。 同僚愛を超えたパク・ジョンファンとイ・テジュンの熱い人間関係と、愛、より深いパク・ジョンファンとシン・ハギョンのどっしりした同志愛がまさにそれです。

お互いに向けて強いパンチを飛ばしますが、それに先立ってパク・ジョンファンとイ・テジュンはお互いを<選択した兄弟>と思っており、自分の一番大切なことを出してあげるくらい詰まった関係をつないで行きます。

イテジュンはパク・ジョンファンを”僕の棺をもってくれる人”と呼ぶのはもちろん、彼の余命を知って熱い涙を流します。そのため二人の後退できないな一本勝負は単純な葛藤関係を越え、さらにどっしりした感情を引き出してくれます。

こちらの作品もオススメです

また、他の検事らの話を盛り込んだドラマ「傲慢と偏見」を紹介します。
「傲慢と偏見」は「パンチ」とは少し違う重厚なドラマです。20年前に起った、子供誘拐・死亡事件でくもの巣のようになった人物たちの熾烈な戦いを押し込んで話します。どの手がかりもぞんざいに残しておかなかった、緻密な脚本と力のある演出、役者たちのアンサンブルが立派です。さらに、毎回、虚を突っ込む反転で視聴者の期待を、一足先に導いています。

空気が違う検察庁ではある多くの事件ファイルの中の一つ、公訴時効3ヵ月を迎えた子供誘拐・死亡事件があります。また、弟を殺した犯人を探そうと、検事になったハン・ヨルム【役:ペク・ジニ】がいて、その事件に連結されたインチョン支検捜査官カン・ス【役:イ・テファン】がいて、検査宣誓に出てきそうな天才的首席検事ク・ドンチ【役:チェ・ジンヒョク】がいます。

法と原則、人と愛を武器に、悪い奴らと対決する検事たちの話に、お金なく力も無い、罪のない人たちが痛まないようにするために努力する検事たちの話だが、本質には人がいるドラマです。政治に検事の世界をのせただけで、周りの人によって希望も挫折も感じられる人の話を描いていきます。検事の話が好きな方は是非チェックしてください。 

→「パンチ~余命6ヶ月の奇跡」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です