プロデューサー スペシャルエディションの感想とあらすじネタバレ

→「プロデューサー スペシャルエディション」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

プロデューサーは夜勤は日常、夜ふかしはオプション、気色力と体力で武装したKBS芸能局、高スペックハッタリたちの純度100%リアル芸能のドラマです。

プロデューサースペシャルエディションは100分が主人公4人の愛情を中心に編集された、全体ストーリーと未公開映像とNG映像で行われました。
NGの様子ではコン・ヒョジンとご飯を食べるシーンでのキム・スヒョンは唇をぎゅっと押しながら、笑いをこらえるが、コン・ヒョジンの”お前、笑うの”という一言に笑いを我慢できず、その後もコン・ヒョジン、キム・スヒョン、ステップまで笑いが込み上げて続くNGにキム・スヒョンは”あ、日が昇るだってば”だとし、笑いを落ち着けようと頑張りました。。

最終回で出た、お酒に酔ったキム・スヒョンがチャ・テヒョンにキスをしてしまう場面で多くのNGも出てくると思われましたが、予想外にキスシーンは一度でOKでした。 代わりに「鶏の胃袋」というセリフに数回もNGが出て、OKサインが出て、全力疾走で逃げました。
アイユとキム・スヒョン二人が会ったら何がそんなに面白いのか最初は口をひくひくさせて笑いに耐えましたが、アイユにまで伝染されて、2人が手をぐずぐずしながら耐えて、唇をかんで耐えて、顔面けいれんも起きながら必死で耐えてみたが、結局オーディオには息巻いている鼻息音だけが込められました。

楽しくて自然に撮影を行ったために俳優たちのアドリブもたくさん放送されたし、一時期、大きな話題だったコン・ヒョジンの”イェジンは家に行きたいです”と言いながら酒に酔って両腕を揺さぶる場面もアドリブでした。 笑いすぎて結局俳優たちは、演技不可状態になるくらい楽しい撮影現場ぼ姿が見れます。

感想

ギャグコンサートのソ・スミンPDと「星から来たあなた」のパク・ジウン作家との出会いで期待感と心配がで始まったドラマプロヂューサーが大成功してプロデューサー スペシャルエディションまで編成されました。

チョン・ドクヒョン評論家はドラマの人気の秘訣について”芸能局という素材自体が斬新な部分があります。 また表現する側面でバラエティやドラマのバランスを合わせたというのが成功の要因だと考えています。 国家競争力を高めるために’プロデューサー’が一定部分やり遂げたことから価値が付与されます”と評価しました。

忙しくて、ドラマを全部見れなかった方々には短いが、全体のストーリーの理解に役に立ちます。全体的にキム・スヒョン中心に編集されていて、他の俳優たちの割合も、もっとたくさん増やしたら、もっと多彩でよかったんじゃないかと思われますが、キム・スヒョンのファンたちからしたら、普段彼の撮影姿や素直に笑う姿、NGを出して恥ずかしがる姿など、色んな彼の本当の姿が見れてよかったと思います。

さすが世界30国家に輸出された最高17%視聴率を自慢する、バライエティー面を大きく取り入れたドラマで、NG場面だけでどのバラエティー番組よりもっと面白くて笑いが止まりません。

こちらの作品もオススメです

放送後、とても綺麗に映ったアイユだったため、彼女のリップスティックから化粧法までしばらくは大きな話題でしたが、さらに綺麗だった次期作「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」を紹介します。

これまでは歌手兼俳優としてアイユという名前を使っていたが、今回の作品から本名、イ・ジウンを掲げるだけに、彼女の演技に対する覚悟と自信を感じられます。

中国ドラマをイメークした作品ですが、高麗4代皇帝・光宗の皇帝まで過程が歴史そのもので描かれてます。
皆既日食の日、魂が直行落下して高麗のヘ・ス【役:イ・ジウン】の中に入ります。高麗に残って生きていくと覚悟したヘ・スと第4皇子ワン・ソ【役:イ・ジュンギ】の悲しい愛の話と8人の皇子達との切ない友情、そして皇子達の黄権をめぐる激しい高麗皇室内政治争いを描いたドラマです。

定番の時代劇の挑戦時代ではなく高麗皇室を描いて綺麗なものだけを追求した時代だったため派手な衣装やアクセサリー、背景から目を離せません。
ヘ・ス役のIU、第4皇子ワン・ソ役のイ・ジュンギ、第3皇子ワン・よ役のホン・ゾンヒョン、第8皇子ワン・ウク役のカン・ハヌ、第10皇子ワン・ウン役のE.X.Oのベクヒョン、第13皇子ベクヤ役のナム・ジュヒョク、第14皇子ワン・ジョン役のジス、後百済の最後の姫様ウヒ役の少女時代ソヒョンまで豪華な出陣軍団を自慢します。気になる方は是非ご覧ください。

→「プロデューサー スペシャルエディション」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です