リメンバー~記憶の彼方へ~の感想とあらすじネタバレ

→「リメンバー~記憶の彼方へ~」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

一度見たことを忘れない<過剰記憶症候群>を持ったソ・ジンウ【役:ユ・スンホ】は、一度見れば写真のように記憶に残って集中して見なくても再び思い出すことが出来ます。反対に父親ソ・ジェヒョク【役:チョン・グァンヨル】は、記憶を失った病気を持っていて息子であるジンウも見忘れました。

会社でタスクフォースを別に持つほど、人間以下の極道者の性格を持っている財閥2歳ナン・ギュマン【役:ナムグン・ミン】の帰国パーティーで歌を歌ったオ・ジョンアが翌日、性的暴行受け冷たい遺体で発見されました。彼女の死体を父ジェヒョクが初めて発見して第一発見者になります。

しかし、記憶を失ってまったく覚えられず、わざと早く解決しようとする刑事の脅迫で、殺人者という供述書を書いてしまい殺人者になり裁判を受けます。国選弁護士もするふりだけして、殺人罪で刑を受けられる時、登場した勝率100%、弁護士でありやくざのパク・ドンホ【役:パク・ソンウン】はお金を持ってくれば、ジェヒョクの罪を晴らしてくれる言います。ジンウは優れた記憶力を利用して、賭博場で1億を取ってドンホを訪ねます。

しかしドンホは待っていたように断ります。そして自分と似た境遇のジンウを思って、ジェヒョクの裁判途中、自分がジェヒョクの弁護士だと現れます。ナン・ギュマンが自分が殺したと言う映像を確保してこのまま無罪判決を受けでるかと思われたが、彼の父ナム・イルホ会長【役:ハン・ジニ】の脅迫でパク・ドンホは事件を諦めて、ソ・ジェヒョクは結局、強姦殺人罪で死刑を言い渡されます。

しかし、パク・ドンホはむしろ内部者になって罪を明らかにするため、ナム・イルホ会長の提案を受け入れたもので、それを知らずにいたジンウは数年後、弁護士になって現れます。

感想

ドラマ『リメンバー』は毎回映画よりもっと映画みたいなドラマを見せて、多くの視聴者たちを掴み取りました。ユン・ヒョンホ作家がすでに映画「弁護人」を通じて立証したように、『リメンバー』はスピード感のある展開と感受性の濃いメロドラマとヒューマニズムがバランスよく配合された作品です。

イ・チャンミンPDの<俳優中心>極細糸の演出も『リメンバー』が備えた強みの一つです。また、放送前に監督が”他のことは知れないが、このドラマでは演技ができない俳優が一人もいないドラマだ”と言ったように、演技力が認められた俳優が大勢登場してドラマの集中度を高めました。俳優のパク・ソンウン、ナムグン・ミン、チョン・グァンヨル、イ・ウォンジョン、イ・シオン、オム・ヒョソプなど、シーンを重厚な存在感でしっかりと埋めてくれる、ベテラン俳優たちが布陣して、撮影前からすでに”キャスティングだけでも信じて見るドラマ”という評価を受けました。

その中でもユ・スンホは『リメンバー』を通じて、軍除隊後2年6ヵ月ぶりに地上波に初復帰する事でもっと話題になりました。
陰謀と裏切りの中でねじれた関係を描きます。巨大な組織が複雑に絡み合っていた、悪魔軍団が内部的な危機を迎えて、悪の群れの中で関係がねじれたり、新たな関係が形成して、視聴者に<反戦の面白さ>を与えます。弁護士が主人公だからと堅苦しいドラマではなく、ロマンスが生きている、人の話も盛り込んでいます。

だけでなく、女性警官役のチョン・ヘソンも三角ロマンスに加担し、ドラマの後半に経つにつれて、視聴者たちの胸をときめくような興味津々な恋愛の話も描かれます。

こちらの作品もオススメです

パク・ドンホ役で存在感を表せたパク・ソンウンの他のドラマ『身分を隠せ』を紹介します。合法、定義、このようなのは悪い奴らを抑えるために徹底的に無視します。盗聴、傍受、潜入など法の限界点まで行く、全ての捜査方法を許可された特殊捜査隊。別名捜査5課の命をかけた犯罪の掃討作戦と息の詰まるようなチームプレーを描いたドラマです。

パク・ソンウンは捜査5課を創設した主役であり、チームのリーダーとして、超人的な洞察力と推進力で状況を総括して指揮するジャン・ムウォン役を演じます。
ドラマ『身分を隠せ』は、従来のアクションドラマで見ることが出来ます。まるで実際の目の前で戦いが起こるような緊張感とスリルを伝えます。’主人公も殴られる時は殴られる’という設定が現実感を加え、アクション状況でキャラクターに没頭させます。

また、前年ジャンル・ドラマの真髄という好評を得て、数多くのマニアを量産したOCNドラマ『悪い奴ら』製作陣の次期作でさらに注目されました。当時も、斬新な映像手法、変わったアクション、堅実なストーリーを基とにした演出感覚を見せたキム・ジョンミン監督が前作のメリットは活かして、前作でできなかった新たな試みを通じ、また他のWellMadeドラマを誕生させました。 

→「リメンバー~記憶の彼方へ~」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です