恋愛の発見の感想とあらすじネタバレ

→「恋愛の発見」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

テハ【役:ムン・ジョンヒョク】とヨルム【役:ジョン・ユミ】は5年前付き合いました。5年で変わってしまった愛の姿で傷つけられたヨルムはテハに別れを告ります。

20代、すべてが初めてなので、いきいきとしてわくわくした恋愛が、長く前に終わって現在、三十二サイのハン・ヨルムは背が高くて、過度にハンサムな男ナム・ハジン【役:ソンジュン】と2年間恋愛中です。 しかし、楽しく恋愛に中、青天の霹靂のような話が聞こえてきます。

“ナムハジン見合いに行ってるそう”ハ・ジンがお見合いするホテルに追いかける夏。よりによってこのホテルでこの状況で思いがけない人と出会います。”ずっと恋い慕ってたし、会いたかった”理解できない言葉を言う、5年を付き合って、5年前に別れた過去の恋人カン・テハ【役:ムン・ジョンヒョク】。

テハと強烈な再会はここで終わっていなかったです。取り違った携帯を探しに酒に酔っぱらったヨルムの前にテハが現れ、不本意ながら一夜を共にした状況に驚いたヨルムと違ってテハは平然としてばかりです。これで二度と会うことないと思ったがテハは’DK建設’代表としてゆるむの前に再び登場します。

2年間安定的な恋愛をしていたヨルムに大きな渦が近づいて来ます。
過去の彼氏との恋愛を終えて新しい恋を始めた女の前に自分の過ちを反省した元彼氏が戻り、発生する三人の男女の愛の物語を描いたドラマです。

感想

「恋愛の発見」作家は「ロマンスが必要」シリーズのチョン・ヒョンチョン作家でチョン・ユミとは「ロマンスが必要」シーズン2以降再会をして大きな話題になっただけでなく、「ロマンスが必要」シーズン3の、ソンジュンまで参加してロコドラマファンたちから大きな期待と注目を浴びました。

「恋愛の発見」のストーリーラインを一目で見ることができるサブタイトルが改めて目につきます。 ポイントだけインパクトに表示されて各話の全体ストーリーを予想することができ、どんあエピソードが出てくるのかドラマに夢中させます。また違う背景とケリーグラフでサブタイトルが登場するので、 サブタイトルの使用は「恋愛の発見」が唯一ではないが、’恋愛らしい’タイトル熱戦は”新鮮だ”という評価を受けました。

ドラマを見ながら昔の恋人を思い出させるし、今している恋愛も思わせるドラマであまりにも共感される名ゼリフが胸に響きます。恋愛というのが愛というのが、相手に対する理解と分かろうとする心じゃないかとメッセージを与えます。
製作陣は”その誰でも未来の事はわからないが、不確実性の中で自分らしい愛をすること。それがヨルムが探した’恋愛の正解’じゃないですか?”というように最後のコメントで私たちの各愛を応援してくれます。

こちらの作品もオススメです

ラブリーなジョン・ユミに陥った方はまた違う魅力のジョン・ユミを見ることができる「職場の神」をお勧めします。
3流大学、万年ソロ、契約職、スリーコンボの暗鬱な青春。寂しくても悲しくても一回泣いてさっさと立ち上がるキャラクタージョン・ジュリを演じます。チョン・ジュリは何でも出来てなんでもやりこなすスーパー甲、契約職のミスキム【役:キム・ヘス】が「職場の神」の中でロマンのような存在ならば、無スペックに学閥まで惜しいです。

言葉そのまま契約職・新入社員を社会生活をそのまま見せてくれた存在です。会食の影響が消えないまま、徹夜して企画案まで準備して、次の日に押し寄せる眠気を抑えられず、会社トイレの便器で座って浅い眠りをするチョン・ジュリの姿は視聴者たちにわずかな笑いとともに、一方では会社でクビになって、「イテバン」(二十代の大半が無職)になることを恐れる’88万ウォン世代(本のタイトルで非正社員の平均給料)’と恋愛、結婚、育児を放棄した’三放世代’の姿が重なっていまる。

また、毎回登場するチョン・ユミのファッションも大きな関心を集めました。ドラマの特性上、多少誇張されて面白く描かれるシーンもありますが、同時に’チョン・ジュリ’は数多くのドラマや映画を通じて登場した多様なキャラクターで、独歩的な現実感と真正性を示す新鮮なキャラクターとして耳目を集中させた、ジョン・ユミが見たい方におすすめします。

→「恋愛の発見」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です