恋愛を期待しての感想とあらすじネタバレ

→「恋愛を期待して」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ジュ・ヨンエ【役:ボア】は優秀なルックスと優れた体つき、ルックスと対比されるサバサバな性格で、周辺には男が補足したことがありません。大学に入っても恋愛も思う存分してみました。しかし、隠された彼女の執着のせいで、いつも交際序盤を乗り越えることができず、別れます。もう一方的に与える恋はやめて、受ける恋もしてみたくて「恋をやめたい」は恋愛相談を要請します。

そこにひかれたチャ・キデ【役:チェ・ダニエル】は愛の前に計算的になろうと努力しているが、もう一度、暖かい愛を探したいという希望も捨てれないです。彼女のチェ・セロム【役:キム・ジウォン】と計算的で理性的な関係で1年を付き合っており、まもなく結婚を控えています。

しかし、恋に計算的じゃない恋愛バカ、ジュ・ヨンエをSNSコーチングしながら、自分の恋愛観に会議を抱くようになります。合理的で現実的な恋愛をしなければならないと思いながらも、顔も知らないヨンエに引かれ戸惑います。一方、ヨンエも目の前にチョン・ジングク【役:イム・シワン】を置いて、実の心は携帯電話SNSの顔も名前も知らない、ピックアップアーティストが気になります。目の前の現実ジングクとの安定した未来を選ぶべきか、それとももう一度勝率低い愛に挑戦するべきか悩みます。

感想

短幕「恋愛を期待して」は2編で構成されていて映画一本見る気持ちのような軽い気持ちで見ることができます。しかし、早いストーリー展開がより深くドラマに没入させます。
最近の若者たちの恋愛を赤裸々に話するという「恋愛を期待して」は恋愛はこれ以上感情の領域ではなく、激しいパワーゲームであり、頭脳戦だと話して、一時は希望拷問だとなにがしろにした味見する、キープそして恋の駆け引きは最近の恋愛の必修コースであり、恋愛を恋愛らしくする技術だといいます。

また、恋したからこそ傷つけられた女をバカだと表現するドラマ「恋愛を期待して」は、現実の恋愛を向けてSNSの相談を始めたヨンエとキデは現実で向かい合ったら、決して感じれなかった共感と疎通を交わしながら現実の恋愛をします。そばにいても遠く感じるほどの関係がある一方、遠く離れていてもそばにいるように近い関係があります。

今の時代SNSを通して恋をする私たちの姿と重なって見えて、視聴者たちをよりドキドキ恋愛する気分を感じさせてよりドラマに集中できます。
20代半ばに恋愛をしながら誰でも一度は経験できた内容で構成して視聴率だけで評価できない価値があるという評価を受けて、その結果、年末演技大賞で連作短幕劇賞を受賞しました。

こちらの作品もオススメです

イウンジンPDの次期作「恋にチアアップ!」を紹介します。大学進学率を誇る名門寄宿高等学校であるセビッ高等学校は生徒たちにもっと激しい競争を督励するために、”友達告発賞罰制度”という制度を適切に利用、自分の罰点を減らすために、友達を、いや競争者を告発して落とします。

率直な性格で友達の間で人気も多かったが、成績で階級がつけられているのが当然のセビッコ高校では最下位レベルのスドゥラ階級の賎民身分で勉強できない問題児カン・ヨンドゥ【役:ジョン・ウンジ】のサークルダンスクラブ<リアルキング>と顔、背、成績すべてが優れているが、韓国教育制度の中でもコントロールしがたい自由奔放の性格であるキム・ヨル【役:イ・ウォングン】が属した優等生たちのサークル応援部<白虎>が統廃合された事件が起きる。

寮型自私高を背景のため他の学園物ドラマとは違う感じがしますが、勉強しない生徒たちはほとんど人間扱いもされない中でいくつかの名台詞が世の中に向かって強いパンチを飛ばします。みんなが歩いて来た10代の末で悩んだ成績と友情、夢と恋幸せの本質探し。その話を今の時代に合わせて解釈してくれました。学園物ドラマの青春物語が好きな方は是非チェックしてください。

→「恋愛を期待して」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です