ロマンスが必要の感想とあらすじネタバレ

→「ロマンスが必要」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

小学校を卒業した日、23歳のクリスマスに学校の運動場で会おうという約束をした23歳のソンウ・インヨン【役:チョ・ヨジョン】は、運動場でその相手を待ちます。彼女の前にバイク一に乗って来たキム・ソンス【役:キム・ジョンフン】が現れます。それを切っ掛けに始まった恋愛に10年が過ぎ、33歳になった今、ホテル学科卒業後、入社したF&Bのウエートレスから始めてFRONTを経て、現在入社8年目のコンシェルジュの支配人になったインヨンと新人映画監督になったソンスはこれといったトラブルがあったこともないが、彼らなりに恋を続いてるある日、23歳のよく売れている女優ユン・カンヒ【役:ハ・ヨンジュ】が現れてソンスは10歳年下の彼女に揺れます。

そして責任感と義務感でインヨンを捨てないと言います。 お互いが愛しあってないから生じた事でもなく、二股をかけて付き合ったのでもないが、引っ越したソンシュの家近くにカンヒが暮らしている事実を知って混乱するインヨンに、嘘をついて二人が旅行に行った事実まで知ったインヨンはソンスに別れを言います。

一方インヨンと同じホテルで勤務する後輩ベ・ソンヒョン【役:チェ・ジンヒョク】が急に辞表を提出して、心が乱れたインヨンはジンヒョクに愚痴をいう事を切っ掛けにソン・ヒョンは、インヨンに関心を表します。

感想

ドラマ『ロマンスが必要』は共感度が高いドラマです。もしこのドラマを青少年みたら、正直理解できない部分があると思う。しかし、すでに成人になった立場で見ると率直で現実的な部分が、ある程度反映されて、多くの人々の共感を受けました。それで愛所<ロピル>と呼ばれており、チョ・ヨジョンのナレーションが名台詞化するほど人気を集めて、地上波でもないのに知度度に応じてシーズン2、3が出ました。

33歳の中学校の同窓である三人の女子はたくさんも泣いて、倒れたが、本人は失わなかったです。実質的に自分の分野において最善を尽くして、本人を本当に愛し、そして自分をありのままに心から愛してくれる人を探しています。チョ・ヨジョンが’私自身をとても愛している。’と言ったように
10年を恋愛してのチョ・ヨジョンにはロマンスが必要だったし、ロマンスを手に入れました。そしてその過程で自らも成長します。’私を愛してくれる人がないだろうか?’、’一方的に私の全ての姿を愛してくれる人はないか’という言葉の解答を他人を愛している以前は本人自らを先に恋することが必要であるとドラマでは物語っている。

また、ドラマの中にずっと妬ましかったのはロマンスだけではない。大変なことがあるから集まれ!と叫べば、慰労と激励がいっぱいの夜を一緒にお送ってくれるし、別れた男に復讐したい!と叫べば、その男の職場まで駆けつけて一緒に復讐してくれる彼女たちの友情がうらやましいです。

こちらの作品もオススメです

『ロマンスが必要2012』は、前作の『ロマンスが必要』のチョン・ヒョンチョン作家の作品で、やはり33歳の女たちの愛と結婚、友情を話しています。
最も中心に立っているジュ・ヨルメ【役:チョン・ユミ】はユン・ソクヒョン【役:イ・ジンウク】と幼い頃から隣の家で住んで高校生の時恋人へと発展しました。 10年が経過する間二人は、お互いに愛していないのではないけど、二人の温度差と性格差で、6度別れた7回会いました。

最後に別れたのはヨルメが30歳になった時ソクヒョンが結婚する気がないことを知ってからだ。そんなソクヒョンに後輩のナヨン【役:キム・イェウォン】が片思いをします。ヨルメも喫茶店のオーナーシン・ジフン【役:キム・ジソク】とお互いに好意を持ち始めます。

ドラマは女ならだれでも共感できる現実的で素直な恋愛話を描いています。過ぎ去った恋愛を思い出すように作って、甘いロマンスのときめきをプレゼントするドラマのロマンスが必要して2012は見ていると恋愛したくなるドラマです。また、愛に対する正解を教えてくれないが、愛に対する多様な価値観を持った登場人物たちと彼らの率直で無作法なエピソードを通じ、我が人生の永遠なキーワードの愛について一緒に話してくれます。恋愛ドラマが好きな方には必修のドラマです。 

→「ロマンスが必要」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です