三銃士の感想とあらすじネタバレ

→「三銃士」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ダルタニャン、パク・ダルヒャン【役:チョン・ヨンファ】は幼い頃、漢陽(ハンヤン)でしばらく来ていた、少女ユンソ【役;ソ・ヒョンジン】を一生の運命だと信じて結婚を約束した少女と結婚するために武術を練磨して 科挙に合格したが、ユンソはすでに世子妃(王太子妃)のカンビンになっていました。

三銃士のリーダー、アトス役であるソヒョン世子(太子)【役:イ・ジンウク】は11歳になった時、父の仁祖【役:キム・ミョンス】が反正で王位に上がることになって遅く宮殿に入って世子になりました。宮殿の外の自由な暮らしをしてから、窮屈な宮殿に入ってきたソヒョン世子は世子になってからも親友で、剣術、槍術にすぐれた技量を見せるが、楽しく浮き浮きする気分で生きている風流武士のホ・スンポ【役:ヤン・ドングン】と気安く遊びながら過ごし、僧侶出身アン・ミンソ【役:チョン・ヘイン】を自分の護衛武士に採用し自分のそばを守らせるなど、従来の世子とは違った道を歩きながら、朝鮮と明・清交代期で混乱した中国を行き来しながら命の危機から孤軍奮闘します。

また、初恋のミリョン【役:ユ・インヨン】のせいで心に傷ができ、どの女でも心を許さないと決めたソヒョン世子は世子妃のカンビンに心を開きます。

感想

朝鮮時代を背景にした活劇ドラマ『三銃士』は、’アレクサンドル・デュマ’の小説<三銃士>が原作です。しかし、ドラマ『三銃士』は朝鮮時代の世子たちの中で最も悲劇的でドラマチックな人生を生きてきたソヒョン(昭顕)世子(太子)の人生を一つに束ねて完全に新しい韓国版三銃士を再創造し、原作とは違う話を描いていきます。

そのため、原作の銃士たちとは違って、ドラマ三銃士での主人公の役割が武士です。韓国の歴史に合わせてパク・ダルヒャン【ダルタニャン分】が、武科試験を受けるために孤軍奮闘します。また、武士になるとした理由も原作の主人公である’ダルタニャン’とは違って恋のためです。すでにソヒョン世子の妃になった彼女をめぐってソヒョン世子仲間になっていく過程も描いていて、両作品を比較して見たらもっと楽しめます。

ドラマ『ナイン』の脚本と演出を担当した、ソン・ジェチョン作家、キム・ビョンス監督の組合で大きな話題を集めた『三銃士』は混沌の時期にみんなで力を集め、て敵の陰謀に対抗する武士たちの痛快な冒険と痛快なアクションがこのドラマの中核です。それぞれ個性がはっきりした四人の武士たちは、各自の長技と武器を備えてます。また、17世紀の朝鮮と中国の多様な剣術と兵器も登場して、ほとんど時代劇の背景である漢陽(ハンヤン)だけでなく、韓国ドラマで初めて清の首都の瀋陽(シェンヤン)を主な舞台として、豪快でさわやかな映像美を見せてくれます。

こちらの作品もオススメです

『三銃士』のソン・ジェチョン作家、キム・ビョンス監督が組合し、立派の相性を見せてくれた、前作のドラマ『ナイン』を紹介します。

運命と歳月の力の前にすべてを失って、挫折した男が、悔恨しか残ってない自分の人生の最後に、過去に戻れるタイムマシンが奇跡のように手に入ってきます。タイムスリップしてたどり着いた時間帯は、まさにTVを視聴する人はみんな、すぐ思い浮かべることができる1992年。視聴者たちは、一生の後悔した事件を戻すために孤軍奮闘するCBM報道局記者のパク・ソヌ【役:イ・ジンウク】を見て、自分の人生で1992年がどうだったのか、自分の青春と欲望を思い出し、ソヌと一緒に時間旅行が出来ます。この奇跡のような機会は果して祝福になるのか、でなければまた違う運命の横暴になるのかを描いて行きます。

また、一人の人間にとって時間を逆行できる強力な意志を持たせたのは、愛、そして人間に生まれたことに、必然的に絡み合って入った、家族に関する話を描いて行きます。ドラマ『ナイン』は時間旅行が科学的に可能なのか否かを計算する物質の話ではなくて、現実的に不可能なことも可能にする人間の絶対的な愛に関する話を、時間旅行を中心に加えていきます。 

→「三銃士」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です