シークレット・ガーデンの感想とあらすじネタバレ

→「シークレット・ガーデン」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

惹かれ合いながらも、すれ違っていた男女が、
ある日突然お互いの体が入れ替わってしまう、不思議なファンタジー純愛コメディです。

俺様気質で自己中なキム・ジュウォンは、財閥御曹司でデパート最高経営責任者。
週2回だけの出勤、エレベーターを使わず何故かエスカレーターに乗る変わり者だと言われていますが、すぐれた経営手腕で、だれも付け入ることができませんでした。
その一方、人気韓流スターで従兄のオスカーには並々ならぬライバル心を燃やしていました。

ジュウォンはオスカーとの契約で交換条件を出され女優と会うことになりますが、撮影所で同じ衣装を着ていたスタントウーマンのキル・ライムと女優を間違えてしまいます。
話がちぐはぐで、人違いだとわかりますが、
その後撮影現場でライムの生き生きとしたスタントシーンを見ているうちに、ジュウォンは自分でも不思議な胸のときめきを感じるのでした。

ある日デパートでの撮影で怪我をしてしまったライム。
ジュウォンは治療費を立て替えますが、それを理由にライムに近づきます。
デパートの企画で済州島に行くことになりますが、ひょんなことから、ジュウォンとライムは森の中の民宿で不思議なお酒をもらい飲んでしまいます。

翌朝起きると、なんと二人は体が入れ替わっていたのです。
しばらくお互いに成りすまして過ごすことになりますが、ある日ジュウォン(心・ライム)はデパートでのトラブルで警察に連行されます。
ライム(心・ジュウォン)は怒ってかけつけますが、その時雨にうたれた瞬間、お互い元の体に戻ります。
お互いに思いが深まっていく2人ですが、ジュウォンの母ブノンは猛烈に反対します。
ブノンは警告として、ライムの友人でデパート店員のアヨンを解雇します。
2人はブノンに会いに行きますが、雨が降ってきて、また体が入れ替わってしまいます。

ようやく様子がおかしいことに気づいたオスカーとライムの先輩のイム監督。
2人は事情を説明し、ようやく理解してもらえます。
そんな時、ライムがハリウッドのオーディションの最終審査に残ったと知らせがきて、ライム(心・ジュウォン)の特訓が始まります。

ライムには消防士の父がいました。仕事での事故で亡くなっています。
そしてジュウォンは、13年前の火事でエレベーターに閉じ込められています。
その時助けてくれた消防士(殉死)から娘への伝言を頼まれていましたが記憶がありません。
ジュウォンがエレベーターに乗れないのも、この火事が原因でした。

オーディション当日、ジュウォン(心・ライム)は常務に見せたくて、わざとエレベーターに乗り込みます。
その時雨が降り出し、またまた二人は入れ替わり、元に戻ってしまいます。
突然エレベーターの中にいる自分に驚き、ジュウォンは恐怖のあまり具合が悪くなります。
ライムはオーディションをすっぽかして急いで助けを呼び、ジュウォンは病院へ。

チャンスを逃したライムのために、ジュウォンは内緒でハリウッドの監督にライムのアクションを見せていました。
それが原因でジュウォンの母ブノンは怒り、ライム父の死の真相を知ったライムに息子と別れるように言います。

オーデションに受かったライムは、撮影で怪我をし意識不明になります。
半年ほど過ぎ、ジュウォンは眠ったままのライムを車に乗せて、雨が降るのを待ちます。
ライムが目を覚ますと、体はジュウォン。ライムの体は眠ったままです。
ジュウォンは自分を犠牲にしてライムに体を与えたのです。

2人は夢を見ます。
「この酒が魔法の始まりで終わりだ。」と、ライムの亡き父が2人にお酒を飲ませるのです。

目が覚めると2人の体は元に戻っていました。ライムも意識が戻ります。
しかしジュウォンは13年間の記憶がなくなってしまいました。

ある時、自分の書いた文章を見つけてすべての記憶を思い出すジュウォン。
ライム父の遺言『愛している』を伝えることができました。

愛を育てるというのは、庭を育てるようなものなのかも…。
数年後、かわいい3人の子供に恵まれ、幸せな2人の姿が…。

感想

この作品は、放送当時韓国でも大変人気があったそうです。
体が入れ替わる!この題材自体は、どこかで見た記憶が皆さんにもあるのではないでしょうか。

それでも、入れ替わった後のジュウォン役のヒョンビンの仕草は、ヒョンビンの初見が男っぽい役の『雪の女王』だったためか、驚きを隠せません。
女っぽいくねくねした感じがなんともいえません。必見です。

ライム役のハ・ジウォンもスタントウーマンらしくしっかりした体つきで格好良く、役に合っていました。

韓国ドラマでは、財閥の男性が貧乏な女性を見染めて強引にアタックするのをよく見かけますが、その要素も十分にありましたが、でも意外な面もこのドラマで発見しました。
それは最後に、ジュウォンが母よりライムをとったことです。
親をとても大切にするという韓国のイメージがあって、他の韓国ドラマでも親を大事にしているシーンがよくあります。

けっしてこのドラマが「親を捨てた」という印象ではないのですが、なんとなく意外だなと感じました。
そして、最後まで2人を認めなかったジュウォン母もまた意外でした。
(孫は可愛がっていましたけど)

脇役のキム秘書とアヨンのカップルも面白かったです。
アヨン役のユ・インナさんの喋り方がとても可愛かったです。

またオスカーのキャラクターですが、プレイボーイなわりに、しっかりしてる人なんだなと感じました。
ジュウォンとオスカーはすごくいいコンビなんじゃないでしょうか。
ジュウォン(心・ライム)がもみ合ってオスカーと唇が触れてしまうシーンがあるのですが、そのあとのジュウォン(心・ライム)の夢見心地な顔がとても印象的で、笑えました。
体が入れ替わって焦っている2人、ジュウォンがライムのブラジャーを直したりするのも、笑えるシーンです。

そして何より、ライムが純情。オスカーファンの演技でも、とてもかわいい女の子に見えました。

こちらの作品もオススメです

体が入れ替わるドラマとして、『カムバック!スネさん』『ウララ・カップル』があります。
『カムバック!スネさん』は典型的なおばさんスネが夫の愛人でCAのチョウンと体が入れ替わってしまう、ドタバタコメディドラマです。入れ替わった後の個々の夫への対応が面白いです。

またスネがチョウンの体でCAの仕事をするシーンもハラハラしたり笑えたり。
この2人、とても個性的で印象に残る女優さんでした。最後まで面白く見ることができました。
『ウララ・カップル』は離婚を決めた夫婦が入れ替わるお話です。

仕方なく入れ替わった状態で一緒に過ごすのですが、夫役のシン・ヒョンジュンが妻に入れ替わった後の演技、顔に全くそぐわない女性の仕草、うまいです。
入れ替わりものは、個人的にはどれも楽しく見れると思います。

シン・ヒョンジュンですが、『天国の階段』でテファ兄さんの役をしていますが、こちらは切ないくらいに悲しい最期をとげています。
主演のチェ・ジウとクォン・サンウも最後はとても悲しい別れでしたが、とても人気のあったドラマですので、見てほしい作品の1つです。

→「シークレット・ガーデン」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です