シグナルの感想とあらすじネタバレ

→「シグナル」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

警察大を卒業し、経緯の階級章まで取ったエリートだが、世の中に対する不信でいっぱいな27歳のプロファイラー、パク・ヘヨン【役:イ・ジェフン】は芸能人、ストーキング容疑で警察の調査を受けるその夜、警察署の片隅で古い無線機一つを発見します。

無線機を通じて始まるストーリーはさぼることさえできない一度始めたら直進する愚直な刑事パク・ヘヨンに声を掛けるイ・ジェハン【役:チョ・ジンウン】という刑事が15年間、未解決で残っていた《キム・ユンジョン誘拐》の手がかりを教えてくれながら、皮肉にも過去が変化してしまい、事実にさらに混乱を感じるようになります。

ヘヨンと同じ長期未解決専担チームのカリスマが有って言葉よりも目つき一つ、動作一つで人を制圧する、現場に生きて現場に死ぬ15年目のベテラン刑事、チャ・スヒョン【役:キム・ヘス】は、過去ともに刑事生活をした初恋のジェハンの行方を探しています。ジェハンの過去を追跡していたヘヨンは、ジェハンの行方不明事件の報告書を確認して、ジェハンの失踪事件の真実に近づいたと思いますが、また始まった無線で殺人事件が未遂でなるなど、過去変わり始めます。

そして、無線機の正体を知ったスヒョンは15年ぶりに聞くたジェハンの声に殺害された日、その場所に行かないようにお願いします。

感想

映画のラインナップではないかと思うほど、膨大なキャスティングでさらに話題にななりました。また、イ・ジェフン、キム・ヘス、チョ・ジンウンを中心に大俳優たちが一つの作品で、しかもドラマで見れることに、多くの期待を集めました。

このドラマはこれ以上傷つけられる被害者家族がいてはならないという希望と期待をもとに企画されました。完全犯罪は決して存在できないし、罪に対する対価は必ず行わなければならないと話してくれます。

最も大きな枠組みの事件は、ファソン連続殺人を土台にした、劇中の事件名は京畿道南部連続殺人事件です。これまで映画「殺人の思い出」、ドラマ「ガプドンイ」でも示唆されてきた素材ですが、ドラマ「シグナル」では、過去と現在が無線を通じて一つの事件をともに捜査していくという独特な方法で話を描いて、新鮮さを与えます。

その無線は、現在では特定された時間、11時30分だけ可能なのに、過去では昼であれ、夜であれ、時間を越えます。未来では3日過ぎただけだのに、過去では数年が過ぎてます。
このドラマを通じて私たちは未解決事件はもちろん、公訴時効についても考えさせます。

パク・ヘヨンの兄パク・ソヌの存在と死の理由、イ・ジェハンの死の理由と殺害者、パク・ヘヨンの兄の事件と京畿道南部連続殺人事件の関連性、なぜ無線は11時30分だけに可能なのか、を視聴者たちが、コナンになって一緒に解いていけば、もっと楽しむことができます。

こちらの作品もオススメです

推理捜索物のドラマが好きな方に「神の贈り物~14日~」をおすすめします。
イケメン弁護士の夫とかわいくて優しい娘を持った放送作家のキム・スヒョン【役:イ・ボヨン】は仕事第一で暮らしていたため、子どもをあまりにも放置しておいた自責感に結局、10年間続いて務めた放送仕事をやめることにしました。

ところが、最後の生放送の途中、尋常ではない脅迫電話を受けます。子供が誘拐され死んだ後、悲しみを耐えられなったスヒョンは湖に身を投げます。しかし、目を開けてみたら子供が死ぬ2週間前に戻って来てます。残された時間はたった2週間。女性は運命を変えて娘を守ることができるだろうか? 再び与えられた、たった一度の機会、娘を助けるため、今後、母は、戦士になります。

強力系刑事だったキ・ドンチャン【役:チョ・スンウ】は、兄が殺人者になったことが警察庁に知られ、同僚たちの厳しい視線を耐え切れず、警察服を脱いでサポーターズ生活をしています。そんな彼がスヒョンとともに14日前にタイムウォプされて、犯人を探して死を防ぐために孤軍奮闘します。

果たして誰が犯人で、なぜドンチャンはタイムワープになったのか、話を重ねるたびに切ない母性愛と本当の犯人探しのパズル解けが興味を加えていきます。
反転に反転を繰り返す推理ドラマで一度見るよりは2度見ると、隠された手がかりやディテールな部分探しが出来、楽しさを加えます。

リメイクされて米国ドラマ”Somewhere Between”で放映されました。 米国ドラマでリメイクされた最初の韓国ドラマが気になる方は是非チェックしてください。

→「シグナル」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です