総理と私の感想とあらすじネタバレ

→「総理と私」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

ドラマは首相の招請晩餐で始まります。ここに現れた首相のクォン・ユル【役:イ・ボムす】と夫人ダジョン【役・ユナ】はお互いを眺めながら明るく笑います。どうして二人が結婚をすることになったのか、2ヶ月前にさかのぼります。

三流芸能情報誌スキャンダルのニュースの記者であるダジョンは、アイドルの密愛を収めるため、パパラッチ写真を撮っているが、同じ場所で首相職を勧められたクォン・ユルは、自分を撮ることと誤解して、カメラを奪って写真を見てパパラッチ記者であることを分かったクォン・ユルは毒舌を言います。

悪縁から始まったダジョンは、政治家で、女性たちの人気を一身に受けるセレブなクォン・ユルと広報室長であるヘジ【役:チェ・ジョンアン】の熱愛説を取材するためにそれなりの変装で、政治部記者たちの間で大胆に再婚の質問をします。政治部記者たちから大恥をかかされたがここであきらめずに、最後までクォン・ユルに付いて行った結果警察署まで行くことになります。

その中、クォン・ユルの息子がなくなり、ダジョンが取材のため、息子を連れて行ったと誤解したクォン・ユルはまた、毒舌を投げます。しかし、息子から事情を聞いたクォン・ユルはダジョンにお詫びで単独インタビューを許可します。しかし翌日、新聞の一面を飾った記事がクォン・ユルとダジョンのスキャンダル記事です。

感想

人たちが信じているのは真実だけだと言ってるのに、真実を言っても信じてくれない世の中、生きのこる方法はただ一つだけ。余命宣告されたお父さんのために、母のいない子どもたちのためにした契約結婚が本当に結婚になる日まで結婚を笠に着た、対国民詐欺劇を愉快で楽しく描いたドラマ「総理と私」で注目すべき点が主要登場人物同士間の仕事と恋です。

実兄の復讐のため、クォン・ユル首相に接近した随行課長インホを演じるユン・シユンはダジョンを守る守護天使のような愛とクォン・ユルに向けた沸き上がる怒りに切々とした演技力を披露して、視聴者たちの心を摑みました。また首相室公報室長のクォン・ユルの大学の後輩であり、国会議員時代から補佐してきた最側近ソ・へジュ【役:チェ・ジョンアン】は大学新入生のころ、クォン・ユルに初めて会ったその瞬間から彼を片思いしてますが、一度も彼に自分の感情を掲げてみたことがないです。

片方は仕事で公的に接しているが、もう一方は仕事と共に愛の感情で接する、四角関係が広げられます。政略結婚がしばしば素材になるドラマが多いが、相対的に契約結婚は久しぶりに出てくる素材で、しかも子供が三人連れの最年少首相と三流芸能情報誌記者の契約結婚という素材は新鮮です。
ややもすれば面白さ中心のコメディドラマになる話をキム・ボムスの安定した演技は中心を保ってくれます。

こちらの作品もオススメです

クォン・ユル首相に接近した随行課長インホを演じたユン・シユンの初主役のドラマ「製パン王 キム・タック」を紹介しましす。
主人公キム・タック【役:ユン・シユン】は12年前に失われた母を探すため、手首にかざぐるま墨を入れた人を探しています。

そうしたある日、かざぐるまの墨を入れた人の消息を聞いて、すぐに仁川にあるパルボンパン屋に行きます。その中、製パンに生まれつきの天賦的な嗅覚を土台に、あらゆる試練を乗り越えて製パン業界の1因子に生まれかわる話を描いたドラマです。
パンを作るシーンは大きくたくさん出ていないが、製パンの哲学はよく込められています。

ドラマ「製パン王 キム・タック」は<この世は持った人とそうでない人がいる。愛を知る人とそうでない人がいる。幸せな人とそうでない人がいる。感謝する人とそうでない人がいる。
物質より`仁義之情(仁義は人間の本姓)`を守り、`事必歸正(万事ばんじは必かならず正理せいりに帰きするということ)`を信じて、自分の夢を大切にしながら自分の中で幸せを探し出す人たちが結局、明日の幸せも得られる>というそんな真摯な話をしています。新人時代ユン・シユンの姿が見たい方に是非推薦します。

→「総理と私」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です