太陽を抱く月の感想とあらすじネタバレ

→「太陽を抱く月」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

アリという巫女と国巫女、チャン氏【役:ジョン・ミソン】は親友です。アリは濡れ衣を着せられて死ぬ前、命の恩人だったヨヌの母のお礼としてヨヌを守ってくれるように遺書を書いて巫女、チャン氏に残します。

ホ・ヨヌ【役・ハン・ガイン】が13歳になってある日、科挙の首席合格した、兄ホ・ヨム【役:ソン・ジェヒ】に付いて初めて蕨に入り、蝶を追いかけて途中、世子イ・フォン【役:キム・スヒョン】を合って二人は一目ぼれしました。

大王大妃は吏曹判書の娘ユン・ボギョン【役:キム・ミンソ】とホ・ヨンジェの娘ホ・ヨンウ、2人のうち太子妃がなる人が誰か国巫女チャン氏に見てもらいます。瞬間、チャン氏は、ヨヌがアリが守ってほしいという子だと気づいて、ユン・ボギョンが太子妃になると言います。それで簡択なしでボギョンが決定されるかと思ったのに、ヨヌが好きな世子が王に平な簡択で選んでほしいと願いを上げます。

自分の権力のためにボギョンを太子妃にしようとした大王大妃は、国巫女・チャン氏にヨンウを殺すように命令します。それでチャン氏は死に見せかけて気絶しヨヌをお墓から取り出して隠れて生きていきます。そして8年が経ち、お墓に閉じ込められた衝撃で記憶喪失になったヨヌは巫女・ウォルとして帰ってきます。ところでフォンイはいくら見ても巫女月が延祐とあまりにも似て再び太子妃死についての調査をします。

感想

原作は同名小説「太陽を抱く月」です。すでに読者に認められた話がドラマで脚色されながら、話しは軒より堅固になって人物の性格も立体的ではっきりします。原作がかなりベストセラーであるため、リスクがあったが、認められた子役の俳優らと中堅俳優たちの演技力はドラマの大きな中心を握ってくれました。原作に比べ、主人公たちの幼い時代がかなり多い分量を割きました。

主人公たちの名前には意味が隠されていて、朝鮮の王であるフォンは漢字の暄で太陽を意味します。実際の王妃ウォルは漢字の月の読み方で月そのものです。ウンは漢字の雲で太陽を月を隠してくれる意味で王を補佐します。ヨムとソルは、漢字の炎と雪の読み方で漢字そのものを比喩して、近づくことができない運命であることを暗示しました。中殿ボギョンの場合には漢字で寶鏡で月を照らす鏡という意味で偽の中殿という意味、ヤンミョンの場合は漢字の陽明で太陽に隠された光という意味で王に明らかにするほかない運命という意味です。

宮中ロマンスにファンタジー要素を含んでおり、従来の時代劇と違って独特で色感の映像を見せてくれます。特に女性子役たちの韓服の形や色は韓国の美だけでなく、現代服飾からも真似できない特有の美を見せてくれて関心を集めました。

こちらの作品もオススメです

「太陽を抱く月」で王になれなかった、残念な役割を演じたチョン・イルが朝鮮時代背景で展開するファンタジーロマンスドラマ「夜警日誌」で前作での夢を果たしました。
“<鬼物を見る者が王になる>というのは、他の人が見ることができない暗いところを探ることのできる人が王になるという意味だ。 ウォングァン、鬼物を見ることができる君こそが真の王者だ。”

この話は鬼を掴み、人と人生が何か習いながら愛を知っていく青春たちの成長と感動を描いたロマンス時代劇で、青春成長記です。

不思議ながらも、ざっくばらんで諧謔的な幽霊たちが楽しく動きます。祓魔をしているとはいえ、恐ろしい怨霊が登場するホラー時代劇ではなく、伝統説話の中に登場するさまざまな面白いお化けたちを引き出して、不埒な想像力と結合させました。愉快な韓国的ファンタジーが新たに生まれました。時代劇とロマンス・ファンタジー、そこに活劇まで加えたので、それに合う新しくて独特な兵器、どこか見慣れたことがある朝鮮形兵器が登場します。

アリンが鬼を阻止する筆と青銅鏡、ムソクは幽霊を切るシイン剣、ドハは鬼を利かせている鈴を務めます。ともに、夜警員たちが飲む酔夢酒、怨霊の気を感知する鬼針盤、怨霊を封印させる鬼ひょうたん、夜警らの髪の毛を縒って作った捕鬼綱と捕鬼縄などはドラマのみどころを豊かにしてくれます。 

→「太陽を抱く月」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です