トキメキ☆成均館スキャンダルの感想とあらすじネタバレ

→「トキメキ☆成均館スキャンダル」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

幼い頃父を亡くしたユニは、男装し文才を生かして稼ぐことで、母と病気の弟を支えていました。
ある時、借金の形として兵曹判書の妾になるように脅されるユニ。
大金を稼ぐため、貸本屋から科挙の替え玉受験を請け負うことにします。

しかし試験当日、老論一門の御曹司イ・ソンジュンを、依頼人と間違えてしまうユニ。
不正を許さないソンジュンに、家族を養うためだった見逃してほしいと懇願します。
そしてユニの聡明さを見抜いたソンジュンは、彼女に科挙試験を無理やり受けさせます。
弟ユンシクとして試験を受けるユニでしたが、解答用紙が正祖(王)の目に留まります。
正祖の問いに、代理試験を白状するユニでしたが、ソンジュンが自らを依頼人だと名乗り出ます。

「聡明なユンシクの頭を使わないのは、国の損失であると考えた」という理由に、
正祖は試されたと激怒するも、2人を成均館に入学させ寄宿生活をさせる処罰を与えす。女なのがバレれば処罰される覚悟で、家族の為、ユンシクとして寄宿舎生活を決意するユニ。

先輩のク・ヨンハ、同室のムン・ジェシン(コロ)とも出会い、共に苦難を乗り越えていきます。お互いを認め合い”男同士”の絆が芽生えていくユニたちでしたが…。
いつしか惹かれあっていくユニとソンジュン、ソンジュンは自分の気持ちに動揺し戸惑います。

ある時、極秘の王命を受けたユニたちは、試練に立ち向かっていくことになります。
しかしユンシクが女性ユニであることがバレてしまい、戸惑う仲間たち。
そこから”男同士”の友情が徐々に揺らぎ始めていくのですが…。

感想

イケメン若手俳優パク・ユチョン、ソン・ジュンギ、ユ・アインに加え、とても可愛い魅力的なパク・ミニョンがおりなす青春ラプストーリーです。
ユチョンが融通の利かない原則主義者のソンジュンを演じていますが、そこはかとない品位もあり、キャラクターのイメージをしっかり表現していました。
コロ(ジェシン)役のユ・アインも、不良を装いながらも”男のユンシク”に惹かれて、
だんだん優しくなってユンシクを守ろうとする、可愛い一面が見られます。

そしてこのドラマで一番魅力を感じたキャラクター、ヨンハ役のソン・ジュンギ。
つかみどころがない、チャラチャラした感じの表向きの性格を演じながら、
その裏で秘密を持つ難しい深層心理を、見事に表現していたように感じます。
冷静で中性的なところも、ジワリとくる魅力を引き出していました。

またアン・ネサン演じるチョン先生も、魅力的で印象深いキャラクターでした。
落ち着いた感じでニッコリするのですが、何かを含んだような、知り尽くしたような、
とても不思議な魅力のオーラをまとっていました。

この時代は偏見や身分による制限などが厳しく、ましてや女性が勉強をすることはあり得ず、ユニのような頭のいい女性でも埋もれていくしかなかったようです。
実際には難しいストーリー設定ですが、そんな時代背景の中で男装してお金を稼ぐユニは、凛々しくて、そして健気に感じました。
ユニとソンジュンとの恋の結末も、とても微笑ましいシーンで幕を閉じます。

こちらの作品もオススメです

ソンジュン役のパク・ユチョンは、『会いたい』でもまた別の魅力を見せています。
14年前に起こった事件で心の傷を負ったジョンウ(ユチョン)とスヨン(パク・ウネ)。
2人は事件がきっかけで離れ離れに生きてきましたが、ある日奇跡的な再会をします。

しかしスヨンは”ジョイ”と名前を変え、辛い過去を封印していました。
次々に解き明かされていく事件の真相、衝撃の事実に苦しむジョンウ。
ずっとスヨンを探し続けてきたジョンウの一途な想い、謎の青年ハリーの想いが交錯する、淡く切ない初恋の行く末が気になる、純愛ラブロマンスです。

ユニ役のパク・ミニョンは『Dr.JIN』でヒロインのヨンレ(ミナ2役)を演じています。
現代の韓国から朝鮮王朝時代にタイムスリップしてきた外科医ジン(ソン・スンホン)が、現代医術と共に歴史の渦に飲み込まれていくストーリーです。
何もない時代で医療機器や薬を作り出し、医師として成長していくジン。

またジンを慕うヨンレも、試練を乗り越え強い女性へと成長していきます。
恋愛要素もありますが、甘いものではなく辛く切ない想いが交錯します。
歴史的な背景を多く取り入れ、個性派俳優イ・ボムスが歴史的な重要人物を演じます。
ジンは自分が関わることで歴史を変えてしまうと悩みますが、それでも人々を助け、
医師としての信念を貫きます。
医学、タイムスリップ、歴史のおりなす壮大なスケールの作品です。 

→「トキメキ☆成均館スキャンダル」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です