トンイの感想とあらすじネタバレ

→「トンイ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

サホンのジャン・イクホン【役:イ・ジェヨン】が南人オ・テソク【役:チョン・ドンファン】の群れによって傷害されました。その罪を賎民らのための賎民組織<ゴムギェ>に被らせようとする陰謀があります。ジャン・イクホンはやっと川岸に流され、ほとんど息が消えそうなときに、明るくて明朗、才気に満ちて数学的計算が速く、聡明で心が暖かくて、困った人を見過ごすことができないドンイ【役:ハン・ヒョジュ】はジャン・イクホンを発見します。

人たちを呼んで来ようと言うドンイにジャン・イクホンは疑問の秘密である指でじゃんけんのように千パグパを出します。それがどんな意味か聞こうとする前にジャン・イクホンは息を引き取ります。また、他の両班たちが殺されること、ドンイはは父チェ・ヒョウォン【役:チョン・ホジン】と兄チェ・ドンジュ【役:チョン・ソンウン】が<ゴムギェ>の一員だと分かります。父と兄が無実の罪で斬首された後、天涯の孤児になります。捕盗庁ジョンサグアンのソ・ヨンキ【役:チョン・ジンヨン】の執拗な追跡が続くと、あちこちに逃げてから平壌・妓生ソルヒ【役:キム・へジン】の助けで掌握院に身を隠します。

積極的な親和力と天性の機転で破格的に奴婢から女官に抜擢されます。以降、微賤な雑仕女の身分からもっけに、粛宗の目を入って嬪まで上がります。

感想

朝鮮21代王・英祖の生母であり、19代王・粛宗時代の朝鮮史上はじめて雑仕女の身分から内命婦最高の位階に上がった賎民出身女性の淑嬪・崔氏の波乱万丈な人生と息子の英祖が王になる劇的な成長過程を劇化したドラマです。
粛宗とすれば、浮かび上がる女’張禧嬪’が欠かませんが、今回は既存の’張禧嬪’の焦点から脱し、王妃になった’張禧嬪’の止まらない投機と嫉妬に、賢明に危機状況に対処する淑嬪・崔氏の波乱万丈のストーリーがどう展開されるか注目されました。

また、従来の時代劇では見られなかった新しい顔が登場させました。『ドンイ』では、ドンイ役にハン・ヒョジュ、張禧嬪役にイ・ソヨン、仁顕王后役にパク・ハソンをキャスティングし、新鮮な見どころを提供しました。

朝鮮最高の聖君を育て上げた淑嬪・崔氏にフォーカスを合わせて、幼い年齢にも自分の位置と身分の限界を痛感していつも冷静さと賢明さを失わなかった賎民出身生みの王子・ヨンイングン(後日、21代王・英祖)。生と死が交差する殺伐とした朋党政治の中で息子と自分の命を保存した淑嬪・崔さんが愛とムチで息子を教育し王質に育て、ついに王位に就いた母の賢明さまでも注目するところです。

今まで、医術・飲食・美術など韓国文化の価値と美しさを素材に取り上げた時代劇があるが、今回は韓国の’伝統音楽’を取り入れて話を続いていきます。

こちらの作品もオススメです

朝鮮21代王・英祖(ヨンゾ)に続き、英祖の孫であり、18世紀後半、500年王朝史で最も波乱万丈で最も屈曲した人生を生きてきた王、最も開いた考えを持って最も民主的な方法でみんなを包容した賢君、その劇的な人生の忍耐と挫折、成功、輝かしい業績と切ない恋をした朝鮮第22代王になった正祖(ジョンゾ)の物語りを描いたドラマです。

実際に正祖が一生愛した女性、宜嬪・成氏(ウィビン・ソン氏)の話を脚色して作ったドラマで、主人公ソンヨン(後日、宜嬪・成氏)【役:ハン・ジミン】と正祖【役:イ・ソジン】との30年愛の物語、時代劇で珍しい愛話を中心に、正祖の幼い時代から父親の思悼世子(サド世子)の死、祖父の英祖の帝王学テスト、老論の廃位・暗殺陰謀に耐えてきた世孫時代と即位以降の優れた統治力と包容力で、数百年続いてきた派閥政治を解消し、実体経済に対する該博な知識で18世紀の朝鮮経済の新たなパラダイムを成し遂げた天才君主の正祖の姿と丁若鏞(チョン・ヤクヨン)、金弘道(キム・ホンド)、申潤福(シン・ユンボク)など歴史書で一度は習った、実存人物の躍動的な行動はドラマをもっと華麗にします。

当時、テンポある展開で視聴率30%を超えて、同時間帯ドラマの中1位を堅く守っており、その応援に支えられ、もともと60部作で企画されたが、17回延長され、77部作で終演しました。

韓国の歴史、時代劇を好きな方には必須ドラマです。 

→「トンイ」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です