トライアングルの感想とあらすじネタバレ

→「トライアングル」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

刑事生活を始めて以来、十年間、数多くの事件を解決して功績を立てたが、それに相応する待遇を受けられず、進級もできないジャン・ドンス【役:イ・ボンス】はわずか13歳の時、父親が亡くなって、生活苦に苦しんでいた母親は3兄弟を捨てて行方をくらました後、3兄弟は突然孤児になって入った険しい孤児院での生活中、ドンスはドンチョルとドンウを失ったせいで憤怒調節障害を持っています。彼の深刻な精神的問題は、警察内でたった一人、精神科医師出身のプロファイラのファン・シネ【役:オ・ヨンス】だけが知っています。

ドンスは連続殺人事件の手がかりをつかむために、向かったサブクで、偶然ゴミのような人生を生きているホ・ヨンダル【役:キム・ジェジュン】に会います。ヨンダルはドンスの弟、ドンチョルで、彼が10歳の時に孤児院で暮らしていた兄のドンスが《すぐに帰ってくるから、兄が戻ってくるまで赤ちゃんの弟ドンウを守って》と言葉を残して孤児院を離れて、ドンウは養子になっており、弟を守ることができなかったドンチョルは孤児院から逃げました。その後少年院を出入りするようになり、ジャン・ドンチョルの代わりにホ・ヨンダルという名前で暴力組織員で暮らしています。

赤ちゃんの時、ユン・テジュン【役:キム・ビョンギ】に養子縁組されたドンウはユン・ヤンハ【役:イム・シワン】という名前で裕福で大事に育てられました。しかし、敏感だった思春期の頃自分が養子である事実を知った後、しばらく彷徨したが、その時期を経ながら冷笑的で冷たい人間に代わりました。

感想

ドラマ「オールイン」ブームを牽引したユ・チョルヨンPDとチェ・ワンギュ作家コンビが団結した巨大なスケールのドラマで、カジノを背景にして、ヤクザの物語を溶かして入った理由で放送前から「オールイン」と比較になりました。「オールイン」が2人の男女の切なる愛物語を扱ったなら、ドラマ『トライアングル』は、葛藤と復讐に焦点を合わせながらその危機を描いていきます。

両親を亡くした3兄弟が散り散りになって20年が過ぎるまで、お互いの存在すら知らないまま生きて再び兄弟の縁を繋いでいくストーリーの上に、彼らの成功と愛を加えました。世の中が変わって世態が変わっても、真実の愛の力は永遠だという古典的なテーマを新たな方式と作法で解いていきます。

イ・ボムス、キム・ジェジュン、イム・シワン、ベク・ジンヒ、オ・ヨンスなど錚々たる名前を持つ俳優たちが勢ぞろいしたドラマで、極と極を行き来する展開の中に名演技を披露したイ・ボムスはキャラクター設定において賢明な才能を持っていて、繊細に盛り込み演技者の力を発揮しました。アイドルではなく演技者として確実に位置をづけられたジェジュンは一層深まった目の演技と自然な感情演技を披露しました。精細な感情表現力を誇示したイム・シワンは極端的なキャラクター表現におけてプロバビリティーを付与するためにずいぶん努力した様子が好評を受けました

。ドラマ「奇皇后」で悪役を演じたベク・ジンヒは改めて純粋な魅力を発散し、八色鳥変身が可能な20代の女性俳優として脚光を浴び、現在心配される20代の女性俳優の飢饉現象の心配を飛ばしました。

こちらの作品もオススメです

細密な感情表現力を見せてくれたアイドル出身のイム・シワンが俳優として認められるようになった次期作『未生』を紹介します。 ウェブトゥーン累積クリック件数10億件以上、その後計9冊として発行された単行本は90万部以上販売されるなど新記録を立てた同名ウェブトゥーンを原作にしたドラマです。

『未生』はまだ生きていない者という意味の囲碁用語で完全に死んだ石ではなく、完生余地がある意味で、未生から完生までの完全さを志向する私たちの人生を描いています。
囲碁英才でプロ入団を準備したが、高卒で兵役対象者であるジャン・グレ【役:イム・シワン】は父が死んで、不安になった状態になります。研究生時代からの後見人の紹介で天下り人事で大企業に就職したジャン・グレと同じ営業3チームのメンバーたちを通じて、囲碁棋士たちの激しい数の争いのような、職場人たちの静かな戦争を描いて、視聴者に共感と悟りを与えました。

就業を準備する就活する人、新米の社会人になったインターン、辛いけど一生懸命会社を勤める会社員たちに多くの教訓を与えるドラマ、『未生』は職場現実、社内政治、権力争いを描いてサラリーマンの教科書という修飾語がついただけでなく、実際に職場で働く多くの人々が職場の初年生たちに必読書で勧めています。韓国の社会人の姿が気になる方は是非チェックしてください。 

→「トライアングル」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です