私はチャン・ボリ!の感想とあらすじネタバレ

→「私はチャン・ボリ!」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

老舗韓服屋ピスルチェの後継者の座を競うイナとオクス。
ある大雨の夜、オクスはイナに追われ事故を起こし、同乗のオクスの夫が事故死してしまいます。
イナの車にこっそり乗っていたイナの娘ウンビは、その場に取り残されてしまいます。
記憶を失ったウンビは『ボリ』と名付けられ、ミンジョンとその母ヘオクに拾われます。

夫を亡くしたオクスはピスルチェを離れ、イナ夫妻はウンビの行方を探し、
オクスの甥ジェファもオクスとウンビを思い、辛い日々を過ごすことになります。

ある日ピスルチェ絵画大会でミンジョンはウンビの絵を盗作、それがスボン(ウンビ父)の目にとまります。
ミンジョンは生い立ちを偽り、スボン達から援助を受ける為に家出をします。

月日は流れ、ボリ(ウンビ)はヘオクの店を手伝いながら、近所に住むオクスに韓服縫いを習っていました。
そしてミンジョンは元恋人ジサンとの子をヘオクの元でひっそり出産しますが、
捨て子だと聞かされていたボリは、自分の娘ピダンとして育てることを決意します。

ジサンは裏切ったミンジョンへの復讐と、自分の子を探すため、
ミンジョンの結婚相手であるヒョンジングループ御曹司ジェヒに近づきます。

何かと韓服がらみで対決するボリとミンジョンですが、ことごとくミンジョンが邪魔をします。
そしてジェファと愛を深めていくボリに怯え、ボリがウンビだという事実や娘ピダンの存在に怯え、
またジサンの復讐に怯えながらも、実母を利用して自身の保身に走り悪行を重ねていくミンジョン。

それまで我慢してきたボリも、実母イナとの確執も深まり、いつまでも黙ってはいられなくなります…。、
次第に追い詰められるミンジョンですが…。

 

感想

ミンジョンは主役に匹敵するほどの主要人物で、本当に呆れるほど悪いことばかりして、
同情する部分が見つかりませんでした。
ウンビの父や祖母が、ミンジョンの嘘に振り回されすぎなのはどうかと思いましたが…。
ミンジョンを庇う母ヘオクの気持ちもわかりますが、「子が悪いことをしたら叱るのが親だ」という
ボリの言葉でハッとさせられます。
ボリは母としても立派に成長したんだなと思わせてくれるセリフでした。

サブストーリーにジョンラン(ジェファ叔母)のラブストーリーがありますが、
こちらはコメディタッチでとても笑えました。
美男美女カップルだと思うのですが、ドラマの中ではそういう扱いではなかったので不思議です。
ジェファに振られたボリの友人ヨンスクも、最後には子沢山で幸せそうで良かったです。
こちらもいい味出していて、面白いキャラクターでした。
またジェファとジェヒの妹カウルも、わがままだけど甘えん坊で可愛かったです。
可愛いと言えば、子役のミンジョンがダントツで美人さんでしたが、ウンビやピダンも子供らしく、
とても愛らしい愛嬌のある子たちでした。
そしてボリとジェファは、いつも明るくお互いを思いやって、とても良いカップルでした。

 

 

こちらの作品もオススメです

韓国ドラマではお馴染みのテーマですが、出生の秘密・記憶喪失の作品を挙げてみます。

まず、出生の秘密では『夢みるサムセン』という、赤ん坊の時に故意に取り替えられて、
苦労をしながらも明るく前向きに生きていく女の子のドラマがあります。
題名に「夢みる」とあるように、夢に向かっていくサムセンが、見ている私達にも勇気を与えてくれます。
そして取り替えの犯人にことごとく邪魔をされ続けるのを見て、腹立たしくなりますが、
親としての深い愛があってこその行動で、それを感じ取っていただけるオススメの作品です。

そして記憶喪失、このテーマは数多くあってどれが一番と選べないのですが、
有名どころで『冬のソナタ』『天国の階段』があります。
どちらも交通事故にあって記憶喪失になります。
また事故にあって死んでしまったはずの人間が、後に記憶喪失で現れるという点も共通しています。
現実的にはあり得ない設定ですが、ドラマだととても面白いテーマです。
(あと出生の秘密も入れておきましょう…)
韓国ドラマの定番が見たいときは、ぜひこの2つのドラマをオススメします。

 

→「私はチャン・ボリ!」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です