私たち結婚できるかな?の感想とあらすじネタバレ

→「私たち結婚できるかな?」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

3年目の付き合っているヒェユン【役:チョン・ソミン】とジョンフン【役:ソンフン】は結婚予定のカップルです。ヒェユンは、小学校先生で、チョンフンはおもちゃ会社に勤める平凡な会社員です。チョンフンは記憶に残るプロポーズをするため、アイスクリームに指輪を隠してプロポーズするほどの純粋で優しい人です。

ジョンフンが善良で正しく育った背景には和やかな家庭が有って、小児科医の父と仲の良い両親の間で愛をたくさん貰って育ちました。チョンフンよりは安定的な職業を持ったヒェユンは父がいない家庭で、姉のへジン【役:チョン・エヨン】は働いていた病院で当時既婚男性だった夫と不倫して、妊娠して結婚します。一度浮気した人が二度を浮気をしないかのように夫はまた、若い女と不倫をします。さらに、お母さんであるとドルジャ【役:イ・ミスク】は教養のないお金が大好です。結婚を準備する過程で合わない家庭の雰囲気に衝突し始めます。

ここにまた、他のカップルキジュン【役:キム・ヨンクァン】とドンビ【役:ハン・グル】は5年を付き合っているが、キジュンは幼いころから両親が喧嘩ばっかりするのを見て育たため、恋するドンビと愛はするが、結婚はしようとしません。それで恋のない女と一家の事業のために結婚をしようと思います。

感想

視聴率50%を突破し、サムスン・シンドロームを起こした『私の名前はキム・サムスン』のキム・ユンチョル監督が豊かな感性と細かい演出力を発揮しました。浪費する場面がないキム・ユンチョル監督の特徴として、ある場面も軽く見過ごすことなくスピード感を出しながらも共感度高いセリフで没頭させます。

結婚に関する沢山のエピソードを話しながらも、無理な話は一つもなく、現実的はエピソードと台詞に共感を形成しました。

結婚をお金で考えて自分の子供のために努力する母ドルジャと、そんな母親によって他の人との摩擦の繰り返しが嫌で葛藤を繰り返すへユンの姿は、子供のためにすべてを献身する私たちの母親の姿を見られて理解出来るし、母親のせいで自分の愛が危機になったヘユンの立場も理解できます。

愛はするが、結婚をしないという基ギジュンとドンビカップルは恋愛と結婚を別だという最近の若者たちの愛のやりかたを、ヘユンの姉へジンとプレーボーイ、夫との結婚生活と離婚訴訟、中年の愛を見せてくれたドルレ【役:チェ・ファジョン】とミンホ【役:キム・ジンス】の姿はどこでも見られる我々の生活を描き出し、視聴者たちの共感を得ました。

莫大な緊張感があるアクションドラマもなく、極端なロマンスがあるラブストーリーでもなく、心機的推理を要求するスリラー物もなく、感動を与えるドラマもないが、現実共感ドラマで多くの余韻を感じさせるドラマです。

こちらの作品もオススメです

キム・ユンチョル監督の、他のメロドラマ、『私たち、恋できるかな』は大韓民国を生きていく40代を迎える前の30代の女性たちの現実とファンタジーを描いています。
天真だった19歳を共にして、未来に対する期待感があった29歳を過ぎて39歳を迎えた親しい3人の女性、チョン・ワン【役:ユジン】、ソンミ【役:キム・ユミ】、ジヒョン【役:チェ・ジョンユン】は、理想との外れた現実に置かれています。

10歳の息子をもつバツイチのチョン・ワンはシナリオ作家を夢見るが、マートの職員を抜け出せずにいるし、華やかなゴールドミスで包装されているが、寂しさに身震いをするソンミ、そして嫁姑問題でも足りず、娘との対立で平和な日がない清潭洞(チョンダムドン)の嫁ジヒョンまで、3040世代のさまざまな生活を通じた職業群が登場して、いまだに不安定な未来と寂しさについて悩む彼らのストーリーは韓国社会を生きる私たちの現実は描いたようで、幅広い視聴層を確保し共感を誘導しました。

キム・ユンチョル監督は感覚的でありながら、ディテールな演出で洗練された映像美と現実的で感性的な要素を強調して、視聴者らの五感を刺激しました。 ここに適材適所な音楽はさらに多彩な見どころを提供しました。 

→「私たち結婚できるかな?」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です