優しい男の感想とあらすじネタバレ

→「優しい男」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

マル【役:ソン・ジュンギ」とのジェヒ【役:パク・シヨン】は幼い頃からお互いが好きで付き合ってる関係です。年上のジェヒは記者になり、偶然ソ・ジョンギュ【役:キム・ヨンチョル】を知り、その財力に魅力を感じます。その間にソ・ジョンギュの会社の不正をジェヒに申告した人とモテルで会います。

ジェヒはそんな記事は書けないと振り切って、二人はもみ合います。その中、男を押したのが、運悪く頭をぶつけて死にます。ジェヒはマルに連絡して助けてほしいと言います。韓国大学医大生であるマルはジェヒのため、その罪を背負って、監獄に入ります。その間のジェヒは変心しジョンギュ会長と結婚して息子を産みます。

数年後、マルは飛行機でジェヒに合ってのジェヒの裏切りを知ります。そして体が良くないジョンギュ会長の元妻の娘であるソ・ウンギ【役:ムン・チェウォン】を応急措置をしてあげます。数日後、ジェヒはお金を持ってマを訪れて来て、遠い所に行って暮らしてほしいと言います。その事実を知ったウンギにジェヒはマルが脅迫してそうしたと嘘を言います。ジェヒのせいで自分の母が死んだと思ってジェヒを憎むウンギは、その話を聞いて警察に申告します。再び警察署で再会したジェヒはマルに、また罪を被らせようとして、マルはのジェヒに復讐をするため、ウンギに接近し始めます。

感想

一時も目が離せない興味津々な展開と俳優たちの熱演などで、数々の話題を生み、同時代のドラマの中、1位独走を守った『優しい男』は凄絶な復讐の中で激情的な恋物語を描いています。

愛に裏切られた後、復讐のために悪い男になるカン・マル【役:ソン・ジュンギ】、屈指の財閥・泰山グループの後継者に育てられて、感情が乾いてしまったつめたい女、ソ・ウンギ【役:ムン・チェウォン】、ゴミ箱のような生活から逃れるため、愛する男を裏切って野望を追う女、ハン・ジェヒ【役:パク・シヨン】が演じる強いキャラクターたちは、今までの伝統メロドラマで見られた純粋な面を持つキャラクターを探せないくらい個性強い、力のあるキャラクターたちの集まりで、彼かの心理描写を描いて注目されました。

感性を刺激するドラマ『優しい男』は復讐と裏切りを行き来するスピーディな展開、一時も目を離すことが出来ないように作られた主人公たちの嵐のような再会と人生を一変させた愛など吸入力のあるストーリーで視聴者たちを集中させました。

イ・ギョンヒ作家のより繊細になった感情と成熟になったセリフで期待感を高めました。また、『ごめん、愛してる』、『このろくでなしの愛』、『クリスマスに雪が降るでしょう』で悲劇的な結末を披露して、視聴者たちを衝撃に陥れたことがあるので今回の『優しい男』でのカン・マルがどうなるか最後まで緊張感を緩めません。

こちらの作品もオススメです

ドラマ『優しい男』を最後で入隊をしたソン・ジュンギの転役後の初ドラマで大きな話題を生んだ、『太陽の後裔』を紹介します。

放映前からソン・ジュンギの復帰作であるという理由だけで、多くの関心を受けたが、その他にもラブリーの代名詞のソン・ヘギョの出演とドラマ『パリの恋人』、『オン・エア』、『シークレット・ガーデン』、『相続者たち』、『鬼』のキム・ウンスック作家の作品だという点だけで、演技力と構成面で、ある一つ穴のない必須のドラマだと惹起されました。また、大きなスケールでブロックバスター映画のようなブロックバスタードラマに位置づけました。

しかも、事前制作のジンクスを破って、最高視聴率38.85を記録し、2年ほど韓国最高視聴率を守って来た『星から来たあなた』の視聴率をはるかに越えました。
ドラマ『太陽の後裔』は誰も気軽に行かないとする災害現場で生命を救い、ヒューマニズムを実践する軍人と医者たちの話を扱っています。 ソン・ジュンギが演じるユ・シジンは特戦司令部・大尉として原理原則と常識を守る軍人です。若干気難しい所があるがずうずうした性格で、危険なところも厭わず、軍人としての本分を尽くします。

ソン・ヘギョが演じるカン・モヨンは特進病棟VIP担当教授としてのコネはないが、実力としっかりした気質で武装したまま、生きて行く胸部外科の専門医です。
特に、劇中の恋人へ発展したソン・ジュンギ、ソン・ヘギョは《ソンソンカップル》とあだ名が付けられつほど実際に付き合ってほしいというファンからの要請があるほど、完璧なケミを見せてくれた二人は2017年10月末、結婚しました。
実際の恋人に発展させた二人のイチャイチャする話が気になる方はぜひ確認してください。 

→「優しい男」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です