雪の女王の感想とあらすじネタバレ

→「雪の女王」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

あらすじネタバレ

8年前、韓国科学高等学校に入学したハン・テウン【役:ヒョン・ビン】は天才少年で注目されたきむ・ジョンギュ【役:イ・ソンホ】と会います。

最初はジョンギュはテウンの隠れた天才性を見抜いて、劣等感が爆発して彼を苦しめたが、何度の争いを通してジョンギュとテウンはベストフレンドになります。ジョンギュとテウンは数学オリンピックに参加するが、ジョンギュではなく、テウンが優勝して注目されるようになって嫉妬心を勝てなかったジョンギュは自ら命を絶ちます。

友達の死にショックと罪責感を感じたテウンは学業を放棄して、ジョンギュの幼い時の偶像だったキム・ドッグ選手の名前を取ったハン・ドッグという名前を使って、体育館でボクサーとして生きていきます。

ドックになったテウンは病院で自殺騒動を起こした性格悪い金持ちの娘キム・ボラ【役:ソン・ユリ】と遭遇したす。一方、学業中断以来、連絡を絶って暮らしていた母親【役:ゴ・ドシム】が金のために苦痛してるのを見て、ドッグはボラの父であるキム会長【役:チョン・ホジン】の運転手の仕事を始めまます。ボラのお付きをしながら、ボーラが見かけとは違って、内面に傷が非常に多い子であることを感じて憐憫から愛に変わっていきます。しかし、ボラは、ジョンギュの実妹な事を知り避けるようになります。

感想

ドラマ前後を直接に言葉で説明するよりは、映像で言葉代わりにすることで、視聴者がその状況を一緒に共感して、感じることができるように作ったという点で、立派な伝達能力を持ってると考えられました。節制された映像美と必要な部分では劇的な映像美、そして象徴性のあるセリフと象徴性を持つ映像美などは当時、数多いドラマの中でも最高だと評価されるくらいでした。特に第1話の場面は一作のミュージックビデオを見ているような感じを持たせました。
大人になって子供の時読んだ絵本を思わず広げて見ると、私たちは幼い頃読んだ感動とは異なる人生の不変の真理と感動を感じます。そして、まだ人生で私たちが知らない秘密が多く、学ばなければならないことが多いということを悟ります。つまり、人は大人になっても引き続き成長していきます。
<きっと幸せになります>という花言葉を持つスズラン。ジョンギュのお墓に咲いていたスズランはテウンとボラをお互いに紹介してあげたかったジョンギュの心が咲かしてくれたんじゃないかと思います。

キム・ボラに人生の意志を与えて、愛の感情を、初恋の幸せを教えて、人間らしい生き方を教えてくれたのがハン・テウンだったら、ハンテウンに人生を逃れたり放棄しないで、生きていけるように力を、美しい愛の感情と思い出を作ってくれた人がキム・ボラだったのでテウンとボラは単純に恋人関係を超えて、人生の意味であり、同伴者もあります。

こちらの作品もオススメです

ヒョン・ビンの魅力はまった方に彼の次作品の「彼らが生きる世界」を紹介します。 しかも、ノ・ヒギョン作家の作品だなんて、逃がしたら後悔するという冗談まで出るほどです。

放送局で行われる話で人生に対する部分と愛に対する話を語るドラマでノ・ヒギョン作家の素晴らしいが筆力が見られるドラマです。

ドラマ各話が始まるたびに、黒地に白い字でちょっと出てくる小タイトルとエピソード。あと、ジュンヨン【役ア:ソンヘギョ】とジオ【役:ヒョンビン】のナレーションでドラマにもっと没頭できます。

恋という言葉に大きな意味を置いて、胸がときめいてた20代の私が懐かしくなりながらも、一方では愛の物語ではなく、人生について考えてみる話題を投げてくれます。誰かの人生を理解すること、義理、友情、許し。 我々の現実の中に溶け込んでいるような、現実的なカップルの内容を見ながら多くの共感を引き出します。

ドラマ見ながら一緒に笑って、泣いて、とてもきれいなヒョンビンとソン・ヘギョが本当に付き合って望むファンが生まれるほどお似合いの人気カップルでした。その二人がドラマ内でのカップル演技に続いて現実恋人へ発展しました。 二人が現実恋人同士になるように大きな力がなったドララ「彼らが生きる世界」を是非ご覧ください。 

→「雪の女王」を動画配信サービスで比較!無料視聴する方法はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です